長次郎谷(剱岳)Ⅰ

6月2~3日の二日間、昨年の平蔵谷に続き今シーズンは長次郎谷へGo




                         剱岳(別山頂上より)
画像





   ★6月2日(水)
                 今日は剱御前小舎泊まり、明日の足慣らしと偵察。


            8時30分 一年ぶりの室堂(2450m) まだしばらくは楽しめそうだ
画像





              室堂山荘裏よりキャンプ場(2280m)へ滑り下り 雷鳥沢へ
画像




                 今日は時間の余裕もあるので、ゆっくりペースで。



                          立山三山方面
画像





                      頼もしきパートナー ミンゴ先生
画像





                            室堂方面
画像





                       後方・奥大日岳(2605.9m)
画像




                    11時30分、剱御前小舎(2760m)に到着。



               12時05分 衣類等を預け 別山へ向かう(スキーを背負い)
画像





                         強気を挫き弱きを助ける   
                その名は?  先生・先生、それは~せん~せい~
画像





                          剱岳へご挨拶~
                  平日のせいか他の方は居らず勧誘できないの~
画像





         12時45分 別山(2874.0m)に 先日楽しませて貰った針ノ木岳(2820.6m)
画像





                        二年前に滑降したルンゼ
画像




                         別山北峰へ向かう。



                  1時00分 今日の最高点 別山北峰(2880.0m)
画像





                     剱岳(2999.0m) 待っててね~
画像





                          偵察を 別山沢
画像


                   ドロップは岩場を北側へ少し下ってできそう



                        1時25分 別山へ戻る。



                    今にも三人のスキーヤーがドロップしそう
画像





                  一人目がGO スラフが追いかける追いかける
画像





                   1時50分 ジャンプターンで先生がドロップ
画像




          標高差200m余りしかないが、山椒は小粒でも・・・おいしゅうございました



                      2時10分 剱御前小舎へ登り返し
画像





                            動画はこちら



                       夕食まで談話室にて過ごす。

                         同宿の方はお一人のみ。
           お話するとなんと新潟のお方!『nobooの山日記』A市のIさん。
               Iさんは今回ボードだったようだが、BC経験は20年。
          父さんが時々通うお店、○○○スポーツの常連さんとかで、話が大いに盛り上がった。



                      明日の天気も期待できそう
画像




               *ミンゴ先生撮影の写真・動画も使わせて貰いました




                            GPS軌跡
画像
                   (クリックで拡大  赤=往路  青=帰路



●日  時 2010年6月(水)  晴のち曇

●行  程 室堂8:30~雷鳥平キョンプ場9:20~11:30剱御前小舎12:05~12:45別山

        ~13:00別山北峰13:25~13:28別山13:50~14:28剱御前小舎

                                          (歩行・滑降距離 6.41km)



    ★御 礼

            5月29日、源次郎尾根から剱岳登頂をされた、
                       かめ・ふーさんより事前に長次郎谷の写真を頂戴した。

 
                          熊ノ岩周辺
画像




                         長次郎ノコル周辺
画像



        クラック・落石・デブリ・斜度等々の状況が分かり、大いに役立たせて頂きました




                                さぁ~二日目いよいよ長次郎谷へ つづく
    

 

この記事へのコメント