急告(毛勝山・阿部木谷)

2012年5月27日(日) 毛勝山・阿部木(あぶき)谷、谷全体が土砂雪崩に被われていた。



                     標高1100付近より撮影 阿部木谷
画像




                         駐車 標高540m付近
画像
                        スキー&ブーツを背負って。


                  この先150m位の所に、10台前後駐車可能。


                        それから先は落石・倒木
画像




                        そして所々に残雪(デブリ)が
画像




             昨年(5月25日)駐車できた所 僧ヶ岳・東又谷登山口(710m)
画像
                       此処まで標高差170m 約37分。



                            標高875m付近 
画像
      先行者に見習い、此処でスニーカーから兼用ブーツに履き替え、スニーカーはデポして。
                  (昨年は最終堰堤を越え、標高1050m付近にて)



                            最終堰堤が見えた
画像




                最終堰堤(を超えると なんじゃぁ~こりゃ~
画像




                   谷が見通せる所まで、行ってみることに。



画像


            昨年撮影
画像




                       大明神沢から流れ出したようだ
画像



画像


               昨年撮影
画像


               昨年撮影 毛勝谷・大明神沢分岐(1230m)
画像




      毛勝谷・大明神沢分岐まであと標高差130m、約40分。
             軟弱父さん、標高1100m付近にて戻ることに(兼用ブーツではとても辛い!)
         

               でもデポ地には6~7名?のお荷物が、皆さん凄いの~・・・。



                        山菜取りのお方とスライド
画像
       地元のお方でもう何十年も通ってるそうだが、こんなの初めて、と驚いておられた。



画像
                     これから梅雨入り、土石流が心配だなぁ。



                 デポ地にて 兼用ブーツからスニーカーに履き替え
画像




                      撤退父さんに 新緑を愛でる余裕なし
画像


                      でも確りと、フキノトウげっと~



            毛勝山これから予定されてるお方は、くれぐれも御注意を




★5月30日、やまさんより、
     阿部木谷の土砂雪崩関連で高橋庄太郎氏(アウトドアライター)のサイト紹介がありました。

          
                                 やまさん、ありがとうございました



この記事へのコメント

ミンゴ先生
2012年05月28日 12:22
こりゃー予想以上に酷いですなぁ
私でも確実に心が折れますわ
今回は貴重なもの見たと思って納得しましょう(笑)
EVA父さん
2012年05月28日 19:05
ミンゴ先生さんへ
いやぁ~あの土砂には驚きでした
もっと驚いたのが、何方も戻って来られなかったこと。
        (毛勝へ来る方々は、何方も強者揃いですね~)

反省が二点。
 下調べをしてから行くべき&スニーカーをデポせず担ぐべき、
 だったかもしれませんね。

年々、用具等が軽量化されてるにも拘わらず、
          段々と担ぎが辛くなってきました。
目的を達する前に、もうけいりょうかなぁ~なんて弱気に
そろそろ担ぎも卒業でしょうかね~・・・
やま
2012年05月30日 08:17
はじめまして、
いつも楽しみにブログを拝見してます。
もうすでに読まれているかもしれませんがこちらに土砂崩れの全容写真がありました。
http://yiz00776.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-4329.html
これからも気をつけてください。
EVA父さん
2012年05月31日 14:43
やまさんへ
高橋氏のサイトご紹介いただきありがとうございました

稜線からの崩落、凄まじい光景で自然界のパワーの恐ろしさを、改めて実感させられてしまいました。

昨年同様、最終堰堤を越えればシール登行できるものと・・・。
堰堤を越えもう少し登れば雪の上にと思ったのですが、大明神沢下部が見え、気持ちが萎えプッンに、恥ずかしながら逃げ帰った次第です

しかし何方も戻って来ないのにも驚きでしたが、
今、おもえば自然界に対し謙虚で臆病な方が良いような気がします。

コメント頂きありがとうございました
カモシカ永井
2012年06月06日 10:34
>今、おもえば自然界に対し謙虚で臆病な方が良いような気がします。
本当ですね。私もそう思います。
昨年秋北アルプスも地震多発しましたから山が緩んでいるのかもしれません。黒部峡谷の下の廊下で新潟の登山者が落石の直撃を受けて遭難したことも記憶に新しいですね。
EVA父さんの賢明な判断に拍手です。
EVA父さん
2012年06月09日 09:05
カモシカ永井さんへ
あんな大規模な土砂雪崩を見たのは、初めてだったもので怖気づきサッサと退散でした。

自然界の中で遊ばせて貰ってるので、自然のなすがままを教授して、
お互いこれからも、気をつけて楽しみましょう。