谷川岳(西黒沢本谷へ)

2013年3月9日(土)  二シーズンぶりに谷川岳へGoGo!



                             肩の小屋
画像




                    谷川岳ロープウェイで天神平スキー場へ。



                 8時40分 標高1310m シール&クトー登行スタート
画像




                       天神尾根は風が強いようだ。



                         白毛門&朝日岳方面
画像




                          天神尾根より谷川岳
画像




                         じょじょに雲もとれて
画像




                      今日の滑降ルートは西黒沢本谷。
     前々から一度は滑ってみたいと思っていたが、そのタイミングが難しく延び延びになってた。



  よ~く観察しながら
画像




                        下部はかなりヤバそう
画像


               ここ数日間の陽気でクラックが入り始め、剥げ落ちも。
                     賞味期限ギリギリ、何とかいけそう。


                  そう云えば、父さんの頭も薄くなってきたの~、、、



                 9時34分 熊穴沢避難小屋(1460m)にて一本(16分)
画像




   いつもは此処からアイゼンに切り替え、でも今日は雪面が緩んでるのでシール&クトーのままで。



画像




                           西黒沢を覗く
画像


                    西黒尾根からのブロックはまだ無さそう。



                         肩の小屋下の大雪田
画像




                      登って来た天神尾根を振り返る
画像




                           最後の急登
画像




                  肩の小屋を過ぎると、急に風当りが強くなる。



                     山頂直下 先行者が風で転んでる
画像




                    11時05分 山頂(トマノ耳 1963.2m)に
画像

                      標柱をつかんでないと、飛ばされそう。



                            茂倉岳方面
画像




                          オキノ耳(1977m)
画像




                          越後駒ヶ岳方面                           
画像




                            燧ヶ岳方面
画像
 



                       オジカ沢の頭&万太郎山方面
画像



         翌日知ったが、父さん羨望の的『ほっしーさん&はっしーさん』のお二人がこの日、

           ロングルートの『谷川岳~赤谷川源流~万太郎山』へ行かれたようだ。

          もしかして写ってるのはお二人かな~、、、でも時間帯が違うかな~、、、



       11時20分 山頂を後に
画像



画像



画像



画像



                     いよいよ核心部へ 先が見えまへ~ん
画像



                         落ちます落ちま~す
画像



画像



画像


                この辺りから腐れ雪、ザクザクでターンも儘ならず


                          スキーでナダレル
画像




                 11時35分 熊穴沢と合流(今日のシュプール二本)
画像




                            本谷を振り返る
画像


                     どこをどうやって降りて来たのやら?



                           西黒沢沿いを
画像




                   スキー場の下山コース(田尻沢)と合流
画像




                        11時48分 ゴ~ル(740m)
画像




                            西黒沢本谷
画像


  厳冬期だと氷化&表層雪崩が、融雪が進むとクラック&デブリ&西黒尾根からのブロック雪崩等々。

   今日はタイミング好く滑降できたが、中盤からは降りるのに必死で、
                まともなスキーはさせて貰えず、まだまだ修行が足りないようで




                              GPS軌跡
画像




  ●日  時 2013年3月9日(土)  晴れ

  ●行  程 天神平スキー場8:40~9:34熊穴沢避難小屋9:50~11:05山頂11:20

          ~11:35熊穴沢~11:48ゴ~ル   (歩行&滑降距離 7.54km)




この記事へのコメント

sakeyama
2013年03月10日 18:12
お父さん、相変わらず良い仕事してられますねェー
ささげ
2013年03月10日 19:25
昨日、谷川の山頂でちょっとだけお話させて頂いた者です。
以前、白馬でお会いしており(2号雪渓を滑られた時)、もしかしたらと思っていましたが、やはりそうでした。
私もあの後、西黒沢を降りましたが、グサグサで厳しかったですね。休んでいられないのでひたすら降りるといった感じでした。
また、何処かでお会いできればと思います。
ほっしー
2013年03月10日 21:10
いやあ、まさかまさかのニアミス。ものすごく風がつよくて11時前まで肩の小屋でぼーっとしてたんですよ。そのまま風が止まなければ西黒沢へ、あるいはもう10分ほど待ってたら出会っていましたねえ。私たちのルートに行ったのは先行の二名だけでしたからあの写真は私たちに違いないです。いつもいつもご過分な紹介をいただき恥ずかしいくらいです。今度こそはお目にかかれますこと願っております。
EVA父さん
2013年03月11日 13:19
sakeyamaさんへ
良い仕事と云うか病気と云うか、
       何かに取りつかれたと云うか、、、

お互い嵌ってしまいましたね!!
EVA父さん
2013年03月11日 13:32
ささげさんへ
確かスキーを背負ってたお方ですよね。
白馬でお会いした時、確か新潟出身とかおっしゃっていたような。
二度目とは気がつかず大変失礼してしまいました

>私もあの後、西黒沢を降りましたが・・・
中盤からグサグサ雪で難渋しました。
スラフがザァーザァーとクラックに吸い込まれる音を聞いてると、まるで自分まで吸い込まれるんじぁーないかと、ヒヤヒヤものでした。
逃げるが勝ちとばかりに、とっとと降りました。

まだシーズン長いので、またお会いしそうですね

コメント頂きありがとうございました!!
EVA父さん
2013年03月11日 13:45
ほっしーさんへ
ほんの数分の違いでしたね

レポ拝見いたしました。
『谷川岳~赤谷川源流~万太郎山』
いやぁ~まさに桃源郷の世界。
一度は行ってみたいと思ってるのですが、なかなか年々体力がね~、、、。
ほっしーさんレポで楽しませて貰うのが、身の内かもしれませんね~

今シーズンは、
   何処のお山でお会いできるのか楽しみにいたしております
ささげ
2013年03月11日 23:48
ぜひお会いしたいです。
山スキーの世界、旬の地域が狭いので結構ニアミス多いですよね。

それにしても西黒沢のクサレ雪、参りました。雪崩が怖くてとにかく必死で降りました。(あくまでも降りましたです。滑りにはまったくなっていません)
前回は雪庇ジャンプが怖くて断念しましたが、白馬2号雪渓の方がまだましなのでしょうか?

万太郎越は2回行っていますが本当に良いです~。特に赤谷川源流がこの世と思えないような奇妙な景色は何ともいえません。その先の万太郎の登り返しはきついですが、その先に素晴らしいオープンバーンが待っているし。最後の難関の毛渡沢の渡渉も、一昨年前の秋に立派な橋が出来て、問題なく歩いて対岸に渡れるようになりました。今年も雪が安定する3月末に行こうかと考えています。
EVA父さん
2013年03月12日 18:13
ささげさんへ
北アの3000m級のお山と違い、気温が一気に上がるとどうしても腐れ雪に。
分かっちゃいるけど止められないですよね~

>白馬2号雪渓・・・
雪庇ジャンプ~着地、かなりリスキーですけれど、むしろ雪面が締まってるぶん、滑りそのものは滑り易いような気がします。

ほっしーさんレポを拝見すると、今までに経験のないような素晴らしい景色が次から次と、素晴らしいですね

>3月末に・・・
雪消え、当初は平年より5~10日位遅いと発表されてましたが、
ここ数日の高温つづきで、反対に早まるように訂正されました。
ロングルート、くれぐれも気をつけてお楽しみ下さいませ。

またいずれ、どこかのお山で