越後駒ヶ岳(オツルミズ沢源頭へ)

2013年4月14日(日) 守門大岳つながりのOさん・じゅんこさんと越後駒ヶ岳へGoGo!



                        道行山より 越後駒ヶ岳
画像




          今日はまるでお互いが連絡し合って集ったような、賑やかな越後駒に

ほっしーさん&はっしーさん&新井先生十日町おだまき山の会の皆さん、みちぐさ山の会の皆さん。

       hiroiさん(登山)、ガイドのSmop(Nさん)さんツアーの皆さん(前夜・駒ノ小屋泊)。

        そして巻機山(3/17)で抜きつ抜かれつした、M市のお三方等々、総勢50名前後。



                     午前6時33分 石抱橋シール歩行スタート
画像




                      前夜からの冷え込みでガチガチ凍結。



                        7時30分 柳沢出合い(810m)
画像




                         此処からはクトーを着けて。



           高速隊がアッと云う間に(新井先生&ほっしーさん&はっしーさん)
画像




              いつもの支尾根、雪が数か所途切れてるので柳沢を詰める。

画像




                         この辺りから支尾根へ
画像




                             急登が続く
画像




                          最後は雪壁を越えて
画像




                       8時56分 道行山(1298m)に。



                           荒沢岳(1968.7m)
画像




                9時11分 小倉山(1378m)との鞍部へはシールのまま
画像




画像




                   10時22分、標高1540m付近にて一本(16分)。

                        二日前の新雪20cm前後。



                      早くもhiroiさんが降りて来られた
画像

       山頂迄、前回(4/5)が3時間8分だったので、今日はタイムトライアルだったそうだ。         

             今日は3時間15分、新雪でワカンを着けてた時間が、、、、
       

                    それにしても凄いスピードですの~。




                       11時00分 前駒(1763m)通過
画像




                             最後の急登へ
画像




                       11時40分、駒ノ小屋(1890m)に。



           すでに高速隊のお三方は、オツルミズ沢から登り返して来たそうだ


            Oさん じゅんこさん ほっしーさん 父さん 新井先生 はっしーさん
画像




                       12時09分 山頂(2002.7m)に
画像




12時30分 オツルミズ沢源頭へ(じゅんこさんには駒ノ小屋で待って貰う

        父さん 落ちますおちま~す
画像



画像



画像




          Oさん 落ちますおちま~す
画像



画像




               父さん
画像



画像




               Oさん
画像



画像




            12時40分 標高1650m 重雪とは云えこの時季の新雪 うんめの~
画像




                 12時50分 駒ノ小屋まで標高差240mの登り返しへ
画像




                  1時32分 駒ノ小屋に  Smopツアーの皆さん
画像




                       山頂~駒ノ小屋間のシュプール
画像




                      2時00分 小屋を後に じゅんこさん
画像




                           前駒より振り返る
画像


                         アリガトさん、またね~



画像




画像




                           初めての白沢へ
画像




画像




画像




                            前駒を振り返る
画像




                      2時50分 標高850m 林道に合流
画像




                   石抱橋まで約3.3km、シールを着けテクテクと。



                           4時04分 ゴ~ル
画像




      ご一緒したOさん・じゅんこさん、素晴らしいスキー行になりありがとうございました

            越駒さん、こんな素敵な面々との出会いの場をありがとう



        前駒~駒ノ小屋下間クラックが出始めたが、思った以上に残雪豊富、
                          今後の雨&気温次第だが、4月中は楽しめそう


              (ご一緒したお二人撮影の、写真も使わせて貰いました)




                       GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





 ●日  時 2013年4月14日(日)  晴れ

 ●行  程 石抱橋6:33~7:30柳沢出合い~8:56道行山9:11~10:22標高1540m10:38

         ~11:40駒ノ小屋11:55~12:09山頂12:30~12:40オツルミズ沢源頭12:50

         ~13:32駒ノ小屋14:00~14:50林道15:10~16:04ゴ~ル

                                            (歩行&滑降距離 18.01km)
 

 


この記事へのコメント

2013年04月15日 21:47
お疲れ様でした~^-^
凄い大人数で・・・ 

クラック多くても...ん、ん、ん・・・?
まだ4月は楽しめる・・・ 

GW・・・27日から...
何処に行こうか迷いすぎてます 
ほっしー
2013年04月16日 08:17
小屋で別れたあとどこを滑ってくるかなあと思ってましたが、やはり父さんもOさんも大人げないほど凄いパワー。単に山頂往復はないでしたね。ともかくみなさんにお目にかかれると元気でいなくちゃと思います。どうもありがとうございました。また楽しみにしています。
へろへろ
2013年04月16日 10:15
はじめまして
山スキーの記事が豊富なので、いつもHPの山スキー記録を参考にさせていただいてます。
14日、越後駒で何度かすれ違ったようです。
僕らが柳沢から四つ目の尾根を登っているときに、柳沢を詰めていたのを見かけたのと、
駒の小屋で、僕らが到着した時に、近くに居たと思います。
(柳沢を詰めているときは、この先に登れる支尾根があるのか?と思ってました)
駒の小屋が写っている1時32分の写真に、僕らがデポしたザックが写っています。
それと、下山時刻がほぼ同じでした。
僕らも白沢を滑ろうとしてましたが、白沢を登ってこられた方が、荒れていると情報をくれたので、行きませんでした。
この記事を読むと行けばよかったかなと後悔しました・・・・
また、何処かですれ違う機会はあるかなと思います。
そのときは、お声を掛けて、いろいろ情報交換などしたいですね。
fwix
2013年04月16日 13:21
お疲れさまでした
越駒には妖怪板つかみは居なかったんですか?

EVA父さんのペースで五時間かぁ~
六時間は覚悟しなさいという事ですね。。。。
昼闇の四時間行動でカラータイマーが点滅した
私&むらさんには敷居が高そうですねぇ
EVA父さん
2013年04月16日 15:06
みいさんへ
山スキーで八回目になりますが、今回が一番多かったように感じました。

前駒~駒ノ小屋下間、大きなクラックはあるものの、4月に入り気温の低い日が続いてるので、もうしばらくは楽しめそうです。
各お山、融雪が進み残雪が少ないようですが、
       魚沼エリアは他のエリアに比べ多い方ですね
EVA父さん
2013年04月16日 15:19
ほっしーさんへ
いや~予感はしてたのですが、やはりお会いできると嬉しいですね~。

>大人げないほど凄いパワー
いやいや父さんとOさんだけでなく、この日集った皆さんそれぞれに重症な
お方ばかり、何か良い処方箋はないものでしょうかね

白沢滑降は初めてでしたがあの源頭部、
オツルミズ沢源頭部に負けず劣らず、クセになっちゃいます。

次の機会を楽しみに致してます
じゅんこ
2013年04月16日 17:31
感動の越後駒ケ岳!
大変お世話になりありがとうございました。
お天気に恵まれて最高の景色を堪能でき感謝感謝の一日!
登り滑りとも3Hですが
今後も宜しくお願いします。

早速『苦登アイテム』
Oさんと同じ物を手配しました
EVA父さん
2013年04月16日 17:39
へろへろさんへ
>1時32分の写真に・・・
Smopツアーの皆さんが下山されると、小屋前は我々三人とバーナーを使われてた単独者のみ。
しばらくすると、山頂からお二人のお方が滑って来られました。
へろへろさんは、その内のお一人のようですね?

白沢、初滑降でした。
確かに荒れてましたが、上部は斜度もあり快適滑降が楽しめました
次の機会にはぜひ滑ってみて下さいませ。

なんせ亀足なものであまり参考にはならないと思いますが、ご拝読いただきありがとうございます。
もう少しあちこちのお山に出没します、お見かけのさいにお声掛けいただければ嬉しいです。

コメントいただきありがとうございました
EVA父さん
2013年04月16日 17:56
fwixさんへ
>妖怪板つかみは・・・
オツルミズ沢源頭&白沢源頭、重雪なれど共に斜度もあるせいか余り気になりませんでした。
でも標高1100mから下はストップ雪、まぁ~この時季の新雪では止むを得ないですね。

>敷居が高そうですね・・・
父さんの場合は、山頂をスキー行の象徴と捉え、より上から
    (きっと欲ばりなんですね)

山頂派・滑り派・宴会派等々、
 それぞれ楽しみのスタイルがあっても好いのではないでしょうか。
EVA父さん
2013年04月17日 11:53
じゅんこさんへ
ロングルートお疲れさまでした!
同行者好し天気好し、そして素敵な面々との再会、
        三拍子そろった最高のスキー行になりましたね

>早速『苦登アイテム』・・・
あっちゃ~もう手配しましたか!
でも良いお仕事をするには、良い道具が必要ですね。
だんだん深みに、、、

また行きましょう!