西穂高岳(2908.6m)

2013年5月25日(土) 昨年5月19日、前日の降雪による新雪ナダレで止む無く撤退した『西穂高沢』へ



                             西穂高岳
画像
                                           (前日の24日、奥明神沢より撮影)



                   午前6時25分 岳沢小屋(2170m)を後に
画像




         今日は強力な助っ人『ミンゴ先生』と、西穂高沢下部で7時に落ち合う事に。
                (先生は釜トンネル開門前に、MBで岳沢登山口まで)



         スキーでトラバースぎみに滑り降りる積もりが、行く手をデブリ&藪が阻む。



                        天狗沢からのデブリ
画像




画像




                       先生も登られて来たようだ
画像




                    7時08分、標高2020m付近にて合流。



                    7時40分 シール&クトーでスタート
画像




                 9時15分 標高2350m付近よりアイゼン登行へ
画像




                    上がるに連れ、斜度がキツクなる。


                           ヤッヤッヤ!
     下部から見えてた黒矢印が山頂直下のコルと思っていたが、もう一段奥があるようで
                      

                      お互いのGPS&地図等で確認を                        
画像




                        真ん中を進むことに
画像




         父さんの勘違い、こりゃ~楽勝と思いきや前穂に負けず劣らずの、、、



                            ガックシ
画像




                         ときにはヨバホーで
画像




                11時16分、山頂直下(南側)のコル(2870m)に。



                           笠ヶ岳方面
画像




                    11時48分 空身で山頂へ向かう
画像




                  兼用ブーツでのガレ場は、おっかね~の~。



                         11時52分 山頂に
画像

               父さんにとっては初の西穂山頂、ことのほか嬉しい~



                         飛騨側の西穂沢
画像




                           槍ヶ岳方面
画像




                        奥穂高岳&前穂高岳
画像




                           乗鞍岳方面
画像




12時30分、コルへ戻り二年越しの西穂高沢滑降へ

               先生が落ちま~す
画像




               つづいて父さん
画像




               先生
画像



画像




               父さん
画像



画像




               本沢と合流し前穂をバックに
画像



画像



画像



画像




                   ザクザクを懸念してたが、締まり快適斜面



               この快感 ヤメられないの~
画像



画像




                       二か所でデポ品を回収。



                       脚が、、、ヨレヨレ父さんに
画像




                     先生 どこまで滑り降りるのかね~
画像




                             ねばります
画像




                      1時23分 標高1760mにてお終い
画像




                     1時44分 スキー&ブーツを背負い
画像




                   1時56分、標高1740m付近で夏道と合流。


                2時30分、岳沢登山口 先生は此処からMBで戻る。



                   西穂高岳 素晴らしかったよ~バイバ~イ
画像
                                             (前日の24日、上高地より撮影)



                     2時50分、上高地バスターミナルにゴ~ル。

               その後、沢渡で先生と落ち合い汗を流し、それぞれの帰路へ。



           ミンゴ先生
                初めての西穂山頂、一緒に踏めたことは感動感激でした。
     

        また単独だったら下から見えてたコル(黒矢印)へ登り上げてたものと、
                              先生の冷静な判断があればこその山頂でした。


                        ありがとうございました


                 (ミンゴ先生撮影の写真も使わせて貰いました)



          これで穂高(奥穂・北穂・前穂・西穂)シリーズも一段落、あーヤレヤレ



                      GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





●日  時 2013年5月25日(土)  晴れ

●行  程 岳沢小屋6:25~7:08標高2020m7:40~8:45標高2350m9:15

        ~11:16山頂直下コル11:48~11:52山頂12:03~12:15コル12:30

        ~13:23標高1760m13:44~13:56夏道~14:30岳沢登山口~14:50上高地




 

この記事へのコメント

銀行屋
2013年05月27日 21:48
前穂&西穂を一気にやっつけてしまうとは・・
さすがですね。前穂はいつか滑ってみたいです。
ミンゴ先生
2013年05月28日 11:38
こちらこそありがとうございました
父さんと一緒だとなにかと心強いですよ
下山後はゆっくりできずに申し訳ありませんでした。
またよろしくお願いします
EVA父さん
2013年05月28日 17:53
銀行さんへ
前穂&西穂どちらも登り応えあるぶん、
       その苦登に見合う滑りが楽しめますよ。
一度是非トライしてみて下さい
EVA父さん
2013年05月28日 18:11
ミンゴ先生さんへ
いろいろお世話になりありがとうございました

初めての穂高(山スキーで)、先生と一緒に行った奥穂(2008年)。
あれ以来『穂高病』に罹ってしまい、ようやく一区切りついたような気が。

でも戻って来るとまた行きたくなってしまう、これって一体何なんでしょうかね~、まだ完治してないんでしょうかね~