守門袴岳(1532.7m)

2014年2月12日(水) 先週からの断続的降雪(ドカ雪に)もようやく一段落。
              今日はOさんにお願いして、
              父さんが未だ行ったことのない『二口~青雲岳~袴岳』ルートを案内して頂いた。



                       山頂にて Oさん・父さん・Hさん
画像




                   午前7時20分 二分(390m)シール歩行スタート
画像




    前日に、ほっしーさん・はっしーさん・新井先生が刻んでくれたトレースを使わせて貰う
                        (お三方は藤平山方面へ)

      Oさんのお話によると、我々と同じルートを三条のHBさんが先行してスタートしたそうだ。

               またひよっとすると、Hさんが後から追いかけてくるかも?



                         7時55分 二口登山口
画像




                          ほぼ夏道沿いを登る
画像




             二口登山口手前からトレースは無く、HBさんのラッセルの跡を追う。



                           9時18分 谷内平
画像


                           正面の尾根を登る。


         早く追いついてラッセルを代わらねばと、足を速めるもなかなか追いつけず


                            痩せ尾根に
画像


                          まだまだ遠いの~。


             小さなアップダウン(段差に)もあり、氷結してると手こずりそう。



画像


               ときどきHBさんの姿は見えるものの、、、情けね~の~

画像




                         振り返ると正面奥に米山
画像




                               雪の華
画像




             10時17分、標高1080m付近で一息、Hさんも追いついて来た。



画像




                            大岳分岐付近
画像




                   青雲岳から派生する真ん中の尾根を滑降予定
画像




                        11時40分、青雲岳通過。



                          とうとう追いつけず
画像




                          12時00分、山頂に。


                          Oさん・HBさん・Hさん
画像


                    山頂に立てたのもHBさんのお陰、感謝


  HBさんに初めてお会いしたのは、二シーズン前の二分にて。(その時のお話)
  
             一日目は標高1000mまでラッセル、二日目は青雲岳直下までラッセル。
                  そして三日目、あらためて二分から袴岳往復したそうだ。
            いやぁ~三日間掛けて山頂を、その強靭な精神力と体力にただただ唖然と。



                    HBさんが先行して、降りて行かれた。



                             大岳方面
画像




                              袴腰方面
画像




                              浅草岳方面
画像




                             越後三山方面
画像




     12時20分 山頂を後に
画像




                      上部はクジラの背中のように広い
画像




     Hさん&Oさん






画像





     父さん






                              極上パウダー
画像




                          美味しいね~。



           12時40分、標高1160m付近でHBさんが休んで居られるので我々も一本。



                         真ん中の尾根を登った
画像




                  HBさんラーメンタイム 我々が先行して降りる
画像




画像




画像




                       標高950m付近から雪は重くなる
画像




                         場所によっては表層雪崩も
画像




                      1時34分 標高640mオカバミ沢に
画像




                       1時50分 シールにて登り返しへ
画像




                  2時03分、標高670m付近にて登りトレースと合流。



                            最後のひと滑り
画像




                              振り返る
画像




                       素晴らしかったよ~またね~




   初めてのルート
       急登ありの&痩せ尾根アップダウンありので厳しい登りが続くが、変化に富み歯ごたえ十分。
       毎シーズン訪れたいルートに。

      そう言えるのもHBさんのラッセルのお陰、あらためて御礼を
      
      またご一緒した、Oさん&Hさんのお陰、ありがとうございました




                       GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





  ●日  時 2014年2月12日(水)  曇りのち晴れ

  ●行  程 二分7:20~二口7:55~谷内平9:18~10:17標高1080m10:27~青雲岳11:40

          ~12:00山頂12:20~12:40標高1160m13:15~13:34オカバミ沢13:50

          ~14:03登りトレース合流14:11~二口14:19~14:43二分

                                           (歩行&滑降距離 12.90km)


    
                       

この記事へのコメント