東谷山(1553.8m)Ⅱ

2014年3月9日(日) 1月にルートミスであまり滑りを楽しめなかった、東谷山へ再度のGoGo



                         山頂にて 久々のポーズを
画像
                          Oさん・父さん・銀行さん
           (実はシャッターをお願いした、お方に強要されちゃいまして~、、、



       Oさんとの合流は国道17号線・貝掛温泉バス停(一台をデポし、もう一台で二居へ)。

                     合流し準備してると、二台の車が。
          わだっしさんとお友達のMさんだった、やはり考えることは同じでスノ~。



               午前7時40分 二居(815m)を我々三人が先行してスタート
画像




            サラサラ新雪20~30cm、ありがたくトレースを使わせて貰う



                  旧・二居スキー場~中部北陸自然歩道沿いを進む
画像




                    8時17分、二居峠(1020m)ここで一息。

           お二人も追いついて来た、とてもついて行けないので先に行って貰う。



                 標高1210m付近 先行してた登山者三名を追い抜く
画像
                          (日白山周回だそうな)



                       稜線は雪付きが薄く シールが滑る
画像



                      9時28分 標高1370m付近にて一本
画像




                              霧 氷
画像




画像




                       10時13分山頂に 平標山方面
画像



                       山頂周辺の新雪40~50cm。



                お二人が山頂稜線奥(東側)で休んでいるので、我々も。

 
               奥まで来たのは三回目にして初めて、すんばらしい眺めが

                             日白山方面
画像




                             巻機山方面
画像




                            越後駒ヶ岳方面
画像



                    風も無く穏やか、眺めをご馳走に大休止。



  11時18分 山頂へ戻り滑降へ
画像
                            (正面奥・苗場山)



      さぁ~パウダー祭りのはじまりはじまり~
画像



画像




画像
















                             おいしいね~
画像




          わだっしさん
画像



画像



画像




          父さん
画像



画像




          Mさん
画像



画像




          銀行さん
画像



画像




          Oさん
画像



画像




                              やや重に
画像




画像




画像




画像




                            やがて林道に
画像




                             国道17号線
画像




                        12時00分、車デポ地にゴ~ル。



        帰り仕度をしてると『エヴァ父さん!』とお声が、
                      二年前やはり東谷山の帰路でお会いした、take_usさんだった。
           
         (take_usさんは、我々を追い越し山頂から16分で降りて来たようだ、凄いね~)


       先週の6日(木)から続いた寒波でドカ雪に、魚沼のお山では激ラッセルが予想された。
           比較的ドカ雪の少ないこのエリアへ転進、相変わらずの軟弱父さんだった。


                      わだっしさん・Mさん、またいずれ



                       GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





  ●日  時 2014年3月9日(日)  晴れ

  ●行  程 二居7:40~8:17二居峠8:22~9:28標高1370m9:33~10:13山頂11:18

           ~林道11:47~12:00ゴ~ル            (歩行&滑降距離 6.46km)




この記事へのコメント

ヒルウォーカー
2014年03月10日 17:18
同じ日、お隣の平標山に行ってました。惜しいところでニアミスでしたね。実は東谷山のリベンジも候補だったのですが、一人では帰りの移動手段が面倒なので没。またどこかでお会いできそうで楽しみです。
K 夫婦
2014年03月10日 20:47
私たちは、神楽峰にいました。
絶対今日は東谷山方面は最高だろうなぁ~と
歯軋りしながら眺めていました。
いつも近くの山にいますがお会いできなくて残念です。
お会いできる事楽しみにしています。
take_us
2014年03月10日 21:20
本当にびっくりしました。ほとんどおんなじ場所でお会いできるとは。次回は登りの時にお会いできればと思います。(ご迷惑でなかったらですが)
EVA父さん
2014年03月11日 10:16
ヒルウォーカーさんへ
おぉ~目の前のお山で楽しまれていたんですね~。

ヒルウォーカーさんは単独が多いようですね。
『石橋を叩き壊してでも渡る』と云うお方もおりますが、
お互い慎重な行動で楽しみましょう。
EVA父さん
2014年03月11日 10:29
Kご夫妻へ
この日は予報を上回る、絶好の山スキー日和になりました。

>神楽峰
こんな日は、
メローな斜面を登り返しながらノンビリ楽しむのも最高ですね
EVA父さん
2014年03月11日 10:37
take_us さんへ
またまた東谷山でしたね!

ちょうど上部で動画撮影中に、もの凄いスピードでカッ飛んで行かれたお方が、take_us さんだったようです。
それにしても16分とは驚きです。
へろへろ
2014年03月12日 10:24
昨年の越後駒以来2度目のニアミスです。
山頂では、少しお話をしたかも?
上は赤いフリース、下は黒のオーバーパンツ、ロシニョールの緑のバンデット3を履いたやつです。
この日は、さらさらで快適でしたね。皆さんの歓声を聞きながら追い抜いて麓に下りたと思います。
単独だったので、滑っている写真もなく、寂しい思いをしてましたが、このブログで、楽しさがまた沸きかえってきました。
また何処かで、ニアミスあるかもしれませんね。

http://blogs.yahoo.co.jp/itou5085/38903476.html
EVA父さん
2014年03月13日 13:48
へろへろさんへ
へろへろさんの写真で10時58分山頂着、スノーボーダーさんの奥に居るのが我々ではないでしょうか。
我々はその後すぐに山頂へ戻りましたので、たぶん言葉を交わしたような気がします。

まだこれからもバッタリがありそうですね!
その節はお声掛けいただければ嬉しいです