鳥海山(湯ノ台口)

2014年6月19日(木) 8年ぶりに鳥海山湯ノ台口へGo!



                      標高1480mにて Oさん&父さん
画像




                   午前3時に目が覚めると、雨がポツリポツリと。

                  でもお山の天気は、行ってみなければ分からない。



                   午前5時30分 湯ノ台駐車地(1160m・路駐)に
画像

              う~ん、この天気では厳しいの~・・・・、しばらく様子をみることに。



                       7時前 こんなん出ました~!
画像




                      7時20分 こりゃ~行くっきゃない
画像




                              駐車地
画像

                   滝ノ小屋登山口より、距離約150m手前。



                      もう一か所 残雪が塞いでいる
画像




                       7時30分 滝ノ小屋登山口(1200m)
画像




画像

                       帰りには、橋が掛かっていた。



                        7時47分 滝ノ小屋(1280m)に
画像




                      小屋前の沢を渡ってシューズデポ
画像




                        8時10分 シール&クトー登行へ
画像




                           一瞬にしてガスが
画像




                       ガスが上がり振り返ると雲海が
画像




                          雪は繋がってるか?
画像




                             おんや~、、、
画像




                    8時52分 あちゃ~行き止まりに(1540m)
画像




  9時20分、一旦降って夏道沿いの雪渓を詰めることに





                       日本海から断続的にガスが
画像




              9時39分、標高1370m付近よりシール&クトーで登り返し。



                 9時52分 標高1480mまたまた行く手を阻まれる
画像



                           今日は此処まで。


                         雲海を眺めながら大休止
画像




  10時39分、滝ノ小屋まで標高差僅か200mだが楽しみましょう





                             またまたガス
画像




                          10時44分 滝ノ小屋に
画像




                           11時21分 ゴ~ル
画像


             ガスに被われ見えなかったお山も、また来いよと顔を覗かせた



 8年前は行き止まりになっても、
   藪漕ぎして標高1800m付近まで登ったんですけどね~、今やその根性&気力も衰えて、、


          
   滝ノ小屋からスキー&ブーツを背負い、そのまま夏道を河原宿小屋まで行けばよかったものを、
          「スキーヤーの性か?雪を見ればスキーを履きたくなる」、悪い癖が。

                     まだまだお勉強不足のようで、、、


         今回の鳥海山でファイナルの予定だったが、はてさてどうなることやら



                (手描きの軌跡です)
画像





 ●日  時 2014年6月19日(木)  曇り時々晴れ

 ●行  程 駐車地7:20~滝ノ小屋登山口7:30~7:47滝ノ小屋8:10~8:52標高1540m9:20

         ~標高1370m9:39~9:52標高1480m10:39~10:44滝ノ小屋10:55~11:21ゴ~ル

                                         (歩行&滑降距離 4.98km)



この記事へのコメント

sakeyama
2014年06月24日 07:47
頑張りますね 
お二人でにゅう爺らんどでもイカレたらどうですか ?
EVA父さん
2014年06月25日 11:36
sakeyamaさんへ
人間生まれた時がカウントダウンの始まり、
           好きな事をやるもよし、酒を飲むもよし。

我らイカレ爺二人(Oさんごめんね)、まだ行きまっせ~
どうか温かい目で見守ってやってくんなまし~