唐松岳(dルンゼ)

2016年2月18日(木)  Oさんと一緒に唐松岳へGo



                           唐松岳&dルンゼ
画像




           八方尾根スキー場、ゴンドラ・リフトを乗り継ぎ八方池山荘(1850m)に。



                     午前8時50分、シール登行スタート。



                      平日にもかかわらず大勢の方々が
画像




                            五竜岳(2814m)
画像




                           鹿島槍ヶ岳(2889m)
画像




                              白馬三山
画像




                        10時00分 下ノ樺にて一本
画像



                           クトーをつけて。



                          風が強くなって来た
画像




                            無名沢
画像




                 尾根は風に飛ばされてるが、新雪30~40cm。



                          10時38分 上ノ樺
画像




                          大迫力の不帰ノ嶮
画像




                           目指す唐松岳
画像




                     11時50分、標高2530mにて一本。



                       これより先はブーツアイゼンで
画像




                           2554mピーク
画像




                 12時41分稜線に 剱・立山をバックに父さん・Oさん
画像




                        唐松岳頂上山荘を振り返る
画像




                        1時10分 山頂(2696.4m)に 
画像




       dルンゼエントリーポイントでは、先行のガイドツアーの皆さんがピットチェック中。
画像




                      1時20分 山頂を後にクライムダウン
画像




            1時40分エントリーポイントに、すでにお二人がドロップしたようだ。



                              順番待ち
画像




   2時00分、父さん落ちま~す
画像




                       今日の板はセンター幅90mm。
           新雪が吹き溜まり40~50cm、そのうえサン&ウインドパックされ重たい。
                  とても90mmでは板が浮かせず、太刀打ちできず




         




         




          当初の予定では八方尾根から唐松岳往復、ガリを想定して90mm幅に。
                     ついつい壁を見ると、病の虫が、、、、。



画像





         




画像





         




画像




                 2時47分、標高1340m付近にて滑降おしまい。



                   南大滝の高巻きへ シール&クトーで
画像




                3時08分、高巻き上部に先行のお三方がいらっしゃった。
                   ガイドツアーとは、別パーティーだったようだ。



                        横滑りにてズルズルと
画像



画像




                            振り返る
画像




                       デブリに新雪がイヤらしい
画像




                             渡渉
画像




                         4時15分 林道に
画像




    ガラガラ沢&八方押出からのトレースに合流すると、
        ガチガチにコンクリートされ、まるでジュットコースター、そのうえウネウネと波打っている。

                       沢水で、一回スキーを外す。



                         4時41分、二股にゴ~ル。



           車をデポしてないので、今日のお宿に電話してタクシーを手配して貰う。



           以前にも唐松沢本谷・dルンゼ経験あるものの、いずれも残雪期。
                     やはり厳冬期はしょっぱいでスノ~。



                       GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





  ●日  時 2016年2月18日(木)  晴れ

  ●行  程 八方池山荘8:50~10:00下ノ樺10:10~上ノ樺10:38~11:50標高2530m12:15

          ~稜線12:41~13:10山頂13:20~13:40エントリーポイント14:00

          ~14:47標高1340m14:58~南大滝15:08~林道16:15~16:41二股

                                           (歩行&滑降距離13.75km)



この記事へのコメント