守門袴岳(硫黄沢)

2018年3月3日(土)      今シーズン初となる守門袴岳へ、Oさん・sakeyamaさんと一緒に!



                            お絵かき
画像



         午前6時00分 営業前の大原スキー場ボトム(390m)よりシール登行スタート
画像




                     6時37分、スキー場トップ(650m)に。



                        ヤセ尾根にはクラックも
画像




                   新雪は数センチ、吹き溜まりで10cm程度。



             8時00分 標高920m付近よりスキーを背負いアイゼン登行に
画像




                         振り返れば越後三山
画像




                            稜線も近い
画像




                 9時00分、稜線手前(1170m)の窪地にて一本。



                      雪の砂漠(正面奥ポコ=袴岳)
画像




                       守門の主峰・袴岳(1537.2m)
画像




        先日の爆風に叩かれ雪面はガチガチ氷結、標高1380m付近よりアイゼン登行に。



                      sakeyamaさんはツボ足のままで
画像




            10時40分 山頂に Oさん・sakeyamaさん
画像



                         父さん・sakeyamaさん
画像




                             大岳方面
画像



                       川内山塊の後方には飯豊連峰
画像



             山頂には、大岳(1/28)でお会いした三条のKさんがいらっしゃった。
                Kさんは二分~大岳~袴岳、そして往路を戻られるそうだ。



         11時06分、山頂を後にエントリーPへ
画像




   硫黄沢源頭へGoGo!
画像




                         



                         



                         



                   11時20分、標高1210mにて滑降お終いに。



                           う~んマンダム!
画像

                   新雪30~40cm、今シーズン渾身の一本。



                         ここで大休憩 まったりと
画像




                          大迫力の大岳方面
画像




                  11時50分 登り返しはツライね~
画像




                     標高1370m付近より アイゼン登行に
画像


            これから先が今日の核心、一歩一歩が膝まで潜り、
                              脚を上げるのが、もうた~いへん!



                           稜線に 浅草岳
画像




                          1時20分、再び山頂に。


                 sakeyamaさん スキーをザックの両サイドに吊るして
画像




   1時50分、山頂を後に
画像


               心配してた氷結も緩み、フィルムクラストしスキーが走る



画像
   (一番後方=埼玉のSさん、二分~大岳~袴~藤平~二分の周回だそうな、途中まで一緒に)。


画像




                             下祝沢へ
画像




                      雪も重たくなりスノーボールが流れる
画像



画像




                    2時22分 標高640m付近にて滑降お終い
画像




                     2時40分、シールにてスキー場トップへ。



                         2時52分 スキー場トップに
画像



                        スキー場コースでクールダウン
画像




                        3時08分、ボトムにとうちゃこ~。



       沢状地形にあれほどの越後パウダーがたまってるとは!
                  今シーズン最後のパウダーかも?、いやいやあと2~3回は、、、。


                         おいしゅうございました




                       GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像




 ●日  時 2018年3月3日(土)  晴れ

 ●行  程 スキー場ボトム6:00~7:45標高920m8:00~9:00標高1170m~10:40山頂11:06

        ~(硫黄沢)~11:20標高1210m11:50~13:20山頂13:50~14:22標高640m14:40

        ~14:52スキー場トップ15:03~15:08ゴール     (登行&滑降距離 13.01km)

                                       

この記事へのコメント

gankoya
2018年03月05日 11:44
こんにちは。
記録を参考にさせていただいて無事に乙妻山を滑ってきました。
北東斜面は適当にうねりがあったりして、抜群に素敵でした。
雪質も想定よりはだいぶ良くて、ラッキーだったと思います。

守門北斜面では狙い通りにパウダーをゲットされたようですが、
難しい雪面が多くなり、ザラメが恋しい季節になりました。
EVA父さん
2018年03月06日 11:06
gankoyaさんへ
お誕生日おめでとうございます!
乙妻山頂からの眺望が最高のプレゼントになりましたね
それにしても総行動時間が9時間弱、恐れ入り谷の鬼子母神です。
悲しいかな我ら亀足隊では、もうご一緒できそうにありまへん

これからザラメシーズン、お互い気をつけて楽しみましょう。
じゅんこ
2018年03月06日 17:51
こんばんは~!
何時も楽しみにして拝見しています。
大岳の山頂からシュプールが見えましたぁ~!
凄いですねぇ~流石です。

大岳も賑わっていて近年はスノーシューの多さに
少し驚きでした。

そろそろザラメ狙いです。
また、お会い出来る事を願っております。
EVA父さん
2018年03月08日 17:56
じゅんこさんへ
なんせ不器用なもので、こんなこと位しかできないんです~
むしろ、じゅんこさんの様に多趣味のお方が羨ましいです。

コウクルミ沢~南西尾根、良いルートを降りられました。
スノーシューで荒れた大岳尾根、ちょっとウンザリです~。

いずれお会いできそうです、楽しみに致しております。