山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 守門袴腰(破間川源頭)

<<   作成日時 : 2018/04/03 10:59   >>

トラックバック 0 / コメント 2

2018年4月1日(日) 二週間前から宿題になってたお山『守門袴腰』へ、Oさんと一緒にGo



                      稜線(1340m)より 袴腰方面
画像




              午前6時00分 スキーを肩にいつもの路肩よりスタート(480m)
画像




                    破間川の橋を渡ってからシール登行へ。



                6時40分 今シーズン三回目の下黒姫沢(540m)に
画像




                         1221mP(無名峰)
画像



     タフマンOさん、
         前日には無名峰手前の面ツルバーンで『チョー・レィー』の雄叫びをあげたそうだ!


画像




                       7時20分、沢を離れ枝尾根へ。

             7時50分、910m平坦地にて一本、これから先はクトーをつけて。



                    8時30分 1040m平坦地より黒姫稜線
画像




                   9時25分 稜線(1340m)に 烏帽子山(1350m)
画像




                     9時45分 駒の神(1423m)より袴腰
画像


                  二週間前は、カチカチ山が予想され回避した。




                     9時50分、鞍部(1360m)にて大休憩。



          10時25分 山頂まで標高差約170m スキーを背負いブーツアイゼンで
画像




画像




                            標高差80m
画像


                  クラックが多くなり、ストックで確認しながら。



                            標高差40m
画像


                     三回ほど踏み抜き、腿が攣りそうに。



           11時03分 山頂(1527m)に  Oさん
画像



                               父さん
画像




                      守門の主峰・袴岳(1537.2m)方面
画像




                          大岳(1432.4m)方面
画像




                         11時40分 山頂を後に
画像



                 直下は藪とクラックがあるため、左側から回り込んで。


画像




   北東斜面の破間川源頭へGoGo!
画像




                         



                         



      ザラメが緩みストップ雪ぎみ、されどスピードが抑えられ、まずまずのコンディション


画像




                   11時53分 標高1130mにて滑降おしまい
画像




                    12時08分 シール&クトーで登り返し
画像




                        袴腰 スベスベバーン
画像




                    稜線は見えれど なかなかとどかず
画像




                       12時56分 稜線(1400m)に
画像




   1時20分 往路沿いへGo
画像




画像



画像




画像



画像


            南面のザクザク雪、ナンメンたらイカンゼヨ!疲れた脚にキク〜



                  1時40分 1040m平坦地に アリガトサン
画像




                        1時50分 下黒姫沢に
画像




                         最後の難関 慎重に
画像




                        2時33分、路肩にゴ〜ル。



                      GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





●日  時 2018年4月1日(日)   晴れときどき曇り

●行  程 路肩6:00〜下黒姫沢6:40〜支尾根7:20〜7:50標高910m8:05〜標高1040m8:30

        〜9:25稜線9:30〜駒の神9:45〜9:50鞍部10:25〜11:03山頂11:40

        〜(北東斜面へ)〜11:53標高1130m12:08〜12:56稜線13:20〜標高1040m13:40

        〜標高910m13:45〜沢合流13:50〜13:55沢(540m)14:00

        〜14:10林道14:15〜14:33ゴ〜ル      (登行&滑降距離 14.06km)

        


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
先日、1年ぶりに昼闇山に行ってきましたがけっこうバテました。
日頃は平標山や阿寺山・守門や浅草岳などのコンタ1000mの山が多くて、体が1000mに慣れきってしまったんですね。そのため1000mを越えると胸のカラータイマーが黄点滅を、1500mで赤点滅を始めるようです。

今更ながらに気づいたのですが、EVAさんたちは硫黄沢や破間川・ヤスノ沢などに滑り込んで登り返す事がほとんどですよね。
強さの秘密とか、強さを維持する秘密を少し覗かせていただいたように思います。
コンジョー無しなので見習えるかどうかは課題ですが

追伸 急斜面に立つEVAさんの立派なダケカンバにはご挨拶して参りましたよ
gankoya
2018/04/04 16:30
gankoyaさんへ
登り返すのは、ただ単にお家に帰るためですので、はぁ〜い!

>ダケカンバ
老木も風雪に耐え、ようやく春を迎えたようですね。
こちら老化現象に耐えられそうもなく、
       青色吐息のスキー行が続いてます
EVA父さん
2018/04/05 13:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
守門袴腰(破間川源頭) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる