山スキー・山登りと徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 白馬鑓ヶ岳(杓子沢&長走沢)

<<   作成日時 : 2018/04/30 13:32   >>

トラックバック 0 / コメント 8

2018年4月28日(土)     Oさんと二シーズンぶりに白馬鑓ヶ岳へ



                   白馬鑓ヶ岳(2903.1m)&杓子岳(2812m)
画像
                                               (小日向ノコルより)



                 午前4時05分 猿倉(1230m)よりシール登行スタート
画像




                 猿倉台地より ジャンクションピーク&長走沢
画像




                        此処よりクトーをつけて
画像




                   白馬岳(2932.2m)&小蓮華山(2768.9m)
画像




                     5時58分、小日向ノコル(1824m)に。



                     6時20分 シールを外し湯ノ入沢へ
画像

                          放射冷却でガタガタ!



                6時35分、湯ノ入沢(1620m)よりシール&クトーで。



                      8時10分 標高2080m付近で一本
画像




           稜線まで標高差約700mの急登、18日ぶりのお山はキツイね〜、、、。



                          稜線まで標高差200m
画像




                     亀足隊 後続者にドンドン追いつかれる
画像




                       10時55分、稜線(2760m)に。



                      11時10分 スキーを背負い山頂へ
画像




                   いつものことながら、兼用ブーツはツライの〜。



                        おんや〜上越の毘さんでは?
画像

    おい抜かれたときには気がつかなかったが、稜線に荷物をデポし山頂まで行って来たそうだ。
         
                       なんと山頂まで5時間チョット!
        もしも〜し!そんなに急いで何処へ?『お山はじっくり楽しみましょう』、なんちゃってね



               12時05分 苦登8時間   Oさん
画像



                                父さん
画像




                           剱岳(2999m)方面
画像




                             白馬岳方面
画像




                          中央ルンゼ エントリーP
画像

                   ノド、雪は繋がってるが、縦溝があったよう?



   12時33分、面ツルノートラックの杓子沢へ 落ちます落ちま〜す
画像




               Oさん
画像



画像



画像




           出だしの4〜5ターンはカリカリ、それを過ぎれば雪面も緩み快適ターン。



               父さん
画像



画像




               Oさん
画像



画像



画像




            縦溝・落石・デブリ無し、今までこんなに綺麗な杓子沢は初めて



               父さん
画像



画像



画像




                         おいしゅうございました!
画像




              さすがに標高2150m位から下は、落石混じりの小デブリ帯に。



                双子尾根の岩壁基部目指し 左岸へトラバースぎみに
画像




                    1時05分 基部(2040m)より振り返る
画像




                     1時15分 スキーを背負いツボ足で
画像




                   1時47分 双子尾根・樺平(2120m)付近に
画像




   2時05分、長走沢をゴチに
                         



                         



                          ごちそうさまでした!
画像




                     標高1630m付近 沢を離れ猿倉台地へ
画像




                           2時30分 とうちゃこ〜
画像




      用具の後始末してると、
           いつも参考にさせて貰ってるRSSA(山スキー百山)のYさんが戻って来られた。
           今日は二号雪渓だったそうな、しばし談笑を。



                      GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





  ●日  時 2018年4月28日(土)  晴れ

  ●行  程 猿倉4:05〜5:58小日向ノコル6:20〜6:28湯ノ入沢6:35〜8:00標高2080m8:20

          〜10:55稜線11:10〜12:05山頂12:33〜(杓子沢)〜13:05標高2040m13:15

          〜13:47双子尾根14:05〜(長走沢)〜猿倉台地〜14:30ゴ〜ル

                                         (登行&滑降距離 12.90km)



                                              

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
30日に白馬鑓に行きました。
最初同じコースを滑ろうと思っていたのですが山頂の雪がぐずぐずに腐っていて雪崩そうだったので鑓温泉の方へ変更しました。
登って行く途中何本か見えていたトラックはEVA父さんのトラックだったのですね!
榛名仙人
2018/05/01 08:11
お会いできて光栄でした!
わたしは5時間半でしたが、同行の赤パンの彼は余裕で5時間切ってましたね。
それにしても父さんOさんもお若い!見習いたいです。
杓子沢良さそうですね。次の4連休に行こうかなああ。
miyaken
2018/05/01 12:46
榛名仙人さんへ
大雪渓経由で行かれたようですね。
一度だけ(2009年)大雪渓経由で行きましたが、
    ガレの稜線歩きがキツク、それ以降は鑓温泉経由に。
どちら周りにしても、年ごとに山頂が遠い存在になってきました。

>ぐずぐずに腐って
そのときそのときで雪のコンディションは全く別物。
その時の判断がベストだったと思います。
EVA父さん
2018/05/01 19:00
miyakenさんへ
いつかお会いできるものと楽しみにしておりました。
ようやく実現し感激でした!
それにしても皆さん速いですね〜、驚きました。

>杓子沢・4連休
出だしも広く、プレッシャー無く落とせますよ。

ただ3日・4日に寒気が入り、標高の高いお山は荒れそう。
亀足隊も猿倉から予定してるのですが、果たしてどうなることやら?

お互い気をつけて楽しみましょう!
EVA父さん
2018/05/01 19:14
稜線に上がった頃頂上にいたのですね。
この日の雪は上から下まで、良きザラメ。
軟弱で頂上は踏めなかったけど、楽しめました。
いつかは?杓子沢???
nukayama
2018/05/01 23:18
nukayamaさんへ
いやぁ〜、レポを拝見し驚いてしまいました。
我々が下山し、後始末して猿倉を出たのが3時過ぎ。
ほんの15分のニアミス、残念でなりません。

杓子沢、大丈夫ですよ〜。
タイミングさえ上手く合えば、落石等の心配も無く楽しめます。

そろそろお山も限定され、カウントダウンの時期になってきました。
まだお会いできるチャンスはありそうですね!
楽しみにいたしております。
EVA父さん
2018/05/03 11:30
EVA父さんたちがスタートした3時間後、我々は大雪渓を登りました。
山荘2泊後、清水谷から鑓に登り、鑓温泉でマッタリした後、猿倉に下山しました。

鑓の山頂からのシュプールを見ながら以前の父さんの記録のうわさをしていましたが、まさかあれが2日前のお二人のものとは‼

あの斜面を間近に見て改めてお二人の人格が変わるのを実感しました
Y
2018/05/03 19:58
Yさんへ
>人格が変わる
Oさんとご一緒するようになり5シーズン目。
すっかり感化・洗脳されちゃいました!
        (Oさん、すまんの〜すまんの〜

いやいや、そう言うYさんパーティーの皆さんも、変化してるものとお思うのですがね〜、、、?。

鑓山頂からの杓子沢は今回で三回目。
今までで一番コンデションが良かったです。
EVA父さん
2018/05/04 16:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
白馬鑓ヶ岳(杓子沢&長走沢) 山スキー・山登りと徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる