守門袴腰(破間川源頭)

2019年2月24日(日)   Oさんと守門袴腰へGo!



                        山頂直下のアイゼン登高
画像
   



               いつもはもう少し後だが、少雪の今シーズンは前倒しで



              午前6時40分 スキーを肩にいつもの路肩(480m)よりスタート
画像




                         橋の手前よりシールにて
画像




                        放射冷却でガチガチ凍結。



                       7時20分 下黒姫沢(550m)に
画像




                         沢はあちこちで開いてる
画像




                           右岸からのデブリ
画像




                      8時05分、沢を離れ左岸の支尾根へ。



                      8時33分 標高910m平坦地にてひと息
画像




             お山は新雪(1~3cm)で薄化粧、これから先はクトーをつけて。



                        9時08分 標高1040m平坦地
画像




                          守門黒姫稜線方面
画像




                          駒の神(1423m・中央)
画像




                        10時00分 稜線(1320m)に
画像




                        駒の神は右側から巻いて。



                           守門袴腰がドーン!
画像




              10時35分、駒の神~袴腰のコル(1360m)に、南風が強く叩く。


                  これから先はスキーを背負い、アイゼン登高へ。



           この辺りから北斜面へドロップするのが一番コンデション良さそに見えた
画像




                      相前後してた みちぐさ山の会のお方
画像

           途中で幕営し、山頂~破間川~田代平~浅草岳と周回なさるそうだ。



                       深い箇所で膝上まで沈む
画像




            11時32分 山頂(1527m)に  Oさん
画像




                             うっかり父さん
画像
                               (アウターを車に忘れ、鼻水ズルズル状態に)



                      二日前に楽しませて貰った袴岳
画像
      ↑硫黄沢にはYさんパーティーの面々のお姿が(Yさん・・donntiikeさん・Aさん・Nさん)



                            浅草岳方面
画像




                           粟ヶ岳&川内山塊
画像
                   川内山塊の後方には飯豊連峰が望まれる。



                    硫黄沢の皆さんも登り返し始めたようだ
画像




    みちぐさ山の会のお方とお別れ。

   11時55分、破間川源頭へ落ちます落ちま~す
画像




        Oさん
画像



画像



画像




        EVA父さん
画像



画像



画像




        Oさん
画像



画像




                              振り返る
画像




画像


     出だしガリガリ、その下はパックされた吹き溜まり、ときどきガリ、
          その下はストップ雪、目まぐるしく変わる雪質に翻弄され修行系の滑走となった。



                  12時10分、標高1150m付近にてお終いに。



                    12時30分 標高差250mの登り返しへ
画像




                          シュプールを眺めつつ
画像




                        1時17分 黒姫稜線(1400m)に
画像

         修行系の滑走になってしまったが、これも山スキー、楽しゅうございました



   1時37分、ラストランへ
画像




画像




              標高1200m以下、ときどきストップ雪がミックスされ辛いの~。



                         標高1221mP無名峰
画像




                       2時03分 下黒姫沢に合流
画像




                          ここはスキーを肩に
画像




                         2時48分 路肩にゴ~ル
画像




      今回のスキー行にあたり下黒姫沢の状態が分からず、
             事前にsmop・中川さんより情報をいただきありがとうございました!

      沢はいたるところで顔を覗かせており、しばらく気温の高い日が続きそうですし、
                          例年に比べ賞味期限は極端に短いような気がする。




                      GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





  ●日  時 2019年2月24日(日)   晴れ

  ●行  程 路肩6:40~下黒姫沢7:20~支尾根8:05~8:33標高910m8:45~標高1040m9:08

          ~稜線10:00~10:35コル10:55~11:32山頂11:55

          ~(北東斜面へ)~12:10標高1150m12:30~13:17稜線13:37~標高1040m13:48

          ~標高910m13:55~沢合流14:03~沢を離れる14:17

          ~14:26林道14:35~14:48ゴ~ル      (登行&滑降距離 14.05km)

 




この記事へのコメント

Y
2019年02月26日 20:57
予てから念願の硫黄沢でしたが、直前情報のお蔭で成就できました。
こちらも修行系の滑りを強いられましたがあの景観はそれを上回るものでした。
雪の良いときに再訪したいコースがまた増えました。
情報、ありがとうございました。
EVA父さん
2019年02月27日 13:51
Yさんへ
お疲れさまでした。
袴腰から皆さんのお姿を確認し、ホッと安堵しました。
当日はコンデションがいまいちで残念でしたが、
         自然界でのお遊びで致し方ありませんね。

ドローン空撮、拝見しました。
写真と違って立体的に見え、お山のスケール感が素晴らしいです。

こう気温の高い日が続くとパウダーはもうお終い、
             早くザラメ化するの祈るのみです。

コメントいただきありがとうございました!