火打山(笹倉温泉口)

2019年3月9日(土)    3シーズンぶりに笹倉温泉から火打山へ、OさんとGoGo!



                         火打山&北面ルンゼ
画像
                                            (賽の河原手前より)



                   午前3時10分 笹倉温泉(460m)よりスタート
画像


               トップスタートのお方(単独スキーヤー)は、3時前に出発。

            我々は二番手、山頂まで標高差2000m、果たしてどうなることやら?

              橋を渡り林道に入ると、早々に3人パーティーに追い抜かれる。



                       5時25分 アナマ平(1020m)に
画像

          単独のお方は高松山方面へ、3人パーティーは北面台地へ向かわれてる。

                木曜日~前日までの降雪(湿雪)、20~30cm。

               とつぜん『ドドドーン』と、ブロック崩落の音が鳴り響く。



               6時20分、焼山北面台地下部(1250m)にてひと休み。

                           焼山がドーン!
画像

                   どうやら3人パーティーは焼山のようだ。



                        目指す火打山がドーン!
画像

           帰りは北面ルンゼ予定、何本かラインが引けるようなので、よ~く観察を。

                  休んでると、単独スキーヤーが火打山方向へ。



                        7時13分 賽の河原(1370m)
画像

            我々を追い越したスキーヤーは、河原を覗いてたが焼山方向へ。

              少雪のせいか?かなり深い、これから先はノートレース。



                         振り返るも後続者無し
画像




                    8時43分 標高1630m付近でひと休み
画像




                     いよいよ核心部へクトーをつけて
画像




                            急登が続く
画像




画像

      この辺りからブーツアイゼン登行に替えたいが、
          吹き溜まった湿雪が50~60cmでちょっと深すぎ、シール&クトーで頑張るしか、、。



                10時50分 標高2045m小尾根を乗り越え ひと休み
画像




                         北面台地を見下ろす
画像




                        山頂まで標高差400m余り。



                       影火打の振り子状地形を進む
画像




                       単独スキーヤーが下りて来た
画像


                      我々がトップなのにどこから?、、、。


                『シャシンオネガイシマス!シャシンオネガイシマス!』

             う~ん?、、、写真を撮って欲しいのかね~?、、、OK・OK、、、。


画像



画像



                        ジャンプターンがお見事!


画像


             マークさん(赤倉在住)、前夜は高谷池ヒュッテ泊りだったようだ。

             北斜面は雪崩があちこちでおきてるそうだ、貴重な情報に感謝!

                   後日写真を送る約束をし、マークさんとお別れ。



                          山頂まで標高差170m
画像




                           下部を覗いてみる
画像

                   朝には見られなかった、雪崩が流れ込んでる。



画像




 1時00分 苦登9時間50分 山頂(2461.8m)に Oさん
画像



                               父さん
画像




                              妙高山
画像




                            高妻山&乙妻山
画像




                             北アルプス方面
画像





                                           滑走編につづく
         


この記事へのコメント