浅草岳Ⅲ(ヤスノ沢)

2019年4月6日(土)    今シーズン三回目の浅草岳へ、Oさんと



                             霧  氷
画像




               午前7時28分 大自然館(490m)よりシール登行スタート
画像




                     8時06分 林道(670m)を離れ杉林へ
画像




                       標高900mまで上がると風が強い
画像




                     途中であきらめ戻って来られる方々も。



                            雲の流れが速い
画像




                    10時05分 標高1270m付近でひと休み
画像


                          風は一段と強くなる。



                       予定は北岳(1472m)だったが、、、
画像

       我ら軟弱隊、『強風』・『雲行きが怪しい』を言い訳に、今回はパスすることに
               山頂もスルーし、いつものヤスノ沢へ落とすことにした。



                     嘉平与ボッチ(1484.7m)&前岳(1568m)
画像




                       11時00分 エントリーP(1470m)に
画像




   11時15分、ヤスノ沢へ落ちますおちます
画像




        Oさんが落ちま~す
画像



画像



画像




                            雪面のスラフ
画像

              多少スキーに引っかかるものの、緩んでいて滑走に支障なし。



        Oさん
画像



画像



画像



画像




        父さん
画像



画像



画像



画像




                             振り返る
画像




                             まだまだ続く
画像




                             アリガトサン!
画像




                     標高1100m以下はベタベタのストップ雪
画像




                    11時33分 林道に合流(960m)し振り返る
画像




                      11時55分 シールにて桜ゾネへ向かう
画像

                    前日のものと思われるトレースが薄っすらと。



画像




                     12時25分 桜ゾネ(1060m)より振り返る
画像




                          往路尾根を目指して
画像




                     12時43分 登りトレースと合流(1080m)
画像


                      支尾根は相変わらず、風が強い。



   1時00分 トレース沿いを
画像




                            守門岳方面
画像




                        1時28分、大自然館にゴール。




                        GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
画像





 ●日  時 2019年4月6日(土)   晴れときどき曇り(強風)

 ●行  程 大自然館7:28~林道離れる8:06~10:05標高1270m10:15~11:00エントリーP11:15

         ~11:33林道合流11:55~桜ゾネ12:25~12:43登りトレース合流13:00
     
         ~林道合流13:13~13:28ゴール     (登行&滑走距離 11.36km)

            



この記事へのコメント

gankoya
2019年04月08日 10:34
おはようございます。
私は呆れた勘違いで行けなかった北岳ですが、
お二方はお天気具合で中止ですか。
まったく、『近そうで遠い北岳』です

計画変更で滑られたヤスノ沢はコンタ450くらいナイスな斜面が続くのですね
未体験ですが是非滑ってみたいラインですね。
EVA父さん
2019年04月09日 13:40
gankoyaさんへ
当日は別のお山を予定してたのですが、なかなか天気が安定せず、安近短のお山に変更しました。

>ヤスノ沢
意外と広いので、圧迫感なく滑りを楽しむことができます。
ただ嘉平与ボッチの雪庇崩落にご注意下さいませ。

入山口で、gankoyaさんと一緒に粟ヶ岳を登られたお方とお会いしましたよ。
Oさんとは、以前からのお知り合いだったようです。

コメントいただきりがとうございました!