巻機山(1967m)

2020年1月18日(土)

毎シーズン恒例の巻機詣でへ、Oさんと。


午前6時55分 西後谷バス停(570m)をスタート
m1.JPG

正面尾根・井戸の壁
m2.JPG

7時37分 登山道入口(740m)
m3.JPG

夏道を忠実に登る。


標高1010mよりスキーを背負いツボ足で。


五合目付近のブナ林
m4.JPG

9時20分、標高1190mでひと息。


六合目付近 藪が密に
m11.JPG

物見平付近 視界悪し
m5.JPG

11時05分 標高1650mよりブーツアイゼン登高へ
m6.JPG

早くもスキーヤーお三方が降りて来られた。


二日前に降った柔らかい雪が約15cm。


井戸の壁で追い越された地元のお方も、速いね~。


おぉ~亀足の我らにもご褒美が!
m7.JPG

山頂も ちょっとだけよ~
m8.JPG

12時05分 ニセ巻機(1861m)に
m9.JPG

12時15分 避難小屋(1820m)にて一本
m10.JPG

12時30分 山頂へ向かう


振り返るとニセ巻機の姿も
m12.JPG


1時10分、山頂に。
Oさん
m13.JPG

父さん
m14.JPG

尾瀬の峰々
m15.JPG

正面奥・上州武尊山
m16.JPG


1時25分、山頂を後に
m17.JPG

視界もまずまず
m18.JPG

Oさん
m19.JPG

m20.JPG

m21.JPG


父さん
m22.JPG

m23.JPG

m24.JPG


1時27分、避難小屋に。


1時48分 登り返しへ
m25.JPG

2時01分、ニセ巻機に。


巻機もお見送り
m26.JPG


2時10分 慎重に
m27.JPG

標高1600mまで下がると、ようやく視界も。


Oさん
m28.JPG

m29.JPG

藪帯へ
m30.JPG

滑りが楽しめるのは五合目付近まで
m34.JPG

   その下は途中まで登られ、
       滑り降りた方々のシュプールが入り乱れ荒れ放題。

m31.JPG

登りトレースを横滑りで
m32.JPG

トレースはアイスバーン化しガタガタに。


もう脚もガタガタ、限界に。


3時00分 標高900m付近でギブアップ!
m33.JPG

スキーを背負いツボ足で


3時25分、登山道入口でスキーに



3時36分、駐車地にゴ~ル



GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
2020-01-18makihatayama.jpg


●日 時 2020年1月18日(土)  曇り(視界悪し)

●行 程 駐車地6:55~登山道入口7:37~9:20標高1190m9:30
     ~10:50標高1650m11:05~ニセ巻機12:05
     ~12:15避難小屋12:30~13:10山頂13:25
     ~13:27避難小屋13:48~14:01ニセ巻機14:10
     ~15:00標高900m15:05~登山道入口15:28
     ~15:36ゴ~ル



       

この記事へのコメント

sakeyama
2020年01月20日 07:13
お二人とも頑張りなしたですね
少しずつ山の雪嵩も増えてるみたいなんで
春になれば(?)楽しめるでしょうかね
素敵なレポートを楽しみにしています
EVA父さん
2020年01月21日 11:48
sakeyamaさんへ
ご無沙汰しております。

なかなかまとまった降雪がないですね~。
お山の上部はそれなりにあるのですが、如何せん下部が!
我ら軟弱隊、林道や登山道を上手く使うか、スキー場の機動力で標高を稼ぐしかなさそうです。

シーズンに一回くらいはご一緒したいものですね。
この調子だと春まで持ちそうにないのでは?

ひょっとするとキス釣りシーズンが早まるかもです。

コメントいただきありがとうございました!