火打山(三田原山涸沢周回)

2020年4月16日(木)

この時期定番の火打山へ、Oさんと。


午前5時00分 笹ヶ峰ゲート(1310m)よりスタート
h1.JPG

今日は初の試みで、火打山~三田原山へ周回予定。


5時58分 黒沢の橋(1570m)
h2.JPG

十二曲はクトーをつけて
h4.JPG
藪が濃い。


7時00分 夏道尾根に
h6.JPG

標高1835m付近よりスキーを背負いブーツアイゼンで
h7.JPG
昨年は右トラバースで巻いたが、着雪が薄いので回避。

 結局、標高差40m稼ぐのに35分も要(着脱含む)してしまい、
          この35分が最後まで、精神的に押せ押せに。

シラビソ林へ
h8.JPG

8時35分 黒沢岳鞍部(2100m)にて一本
h9.JPG

トラバース道へ。



焼山&火打山がドーン!
h10.JPG

9時20分 高谷池ヒュッテ(2100m)に
h11.JPG

天狗ノ庭付近より
h12.JPG

夏道手前トラバースは、標高2260mよりクトーをつけて。


澄川源頭方面
h13.JPG
おぉ~雲海が素晴らしい!


    10時35分、標高2330m付近でひと休み。
       風が当たるので、アウター&ヘルメットをつける。


11時15分、山頂(2461.8m)に。
Oさん
h15.JPG

父さん
h16.JPG

焼山(2400.3m)
h17.JPG

風が当たらない所で一本。


妙高山&三田原山
h19.JPG
これからのルートを、よ~く観察して。



11時45分 山頂を後に
h20.JPG

Oさん
h21.JPG

h22.JPG


雪面は緩み、快適ザラメに。



父さん
h23.JPG

h24.JPG

11時57分、標高2120m付近で滑走お終い。



12時05分 シールにてトコトコと
h25.JPG

天狗ノ庭付近より振り返る
h26.JPG
素晴らしかったよ~、ありがとう!


12時27分、高谷池ヒュッテ通過。


三田原山へ向かう前に寄り道へ 黒沢岳目指して
h28.JPG

1時10分、黒沢岳(2214m)に
余裕のOさん
h29.JPG

東斜面
h30.JPG

1時31分 ミヤケンさんのホームを拝借して
h31.JPG

黒沢湿原(2010m)迄ほんの数十秒
h32.JPG


1時45分 三田原山へ向かって
h33.JPG

もう脚が上がりまへ~ん。


シュプールを振り返る
h34.JPG


あと標高差200m
h35.JPG


Oさんについて行けず!


このトラバース登高もキツ~
h36.JPG


3時15分 三田原山(2360m)に ヨレヨレ父さん(後方=妙高山)
h37.JPG
もう頭を隠す余裕無し


3時40分、2347mP下を目指してトラバース滑走へ

涸沢右岸 無立木バーン
h39.JPG

Oさん
h40.JPG

h41.JPG


父さん
h42.JPG

h43.JPG

緩み過ぎでザクザクだが、スキーは良く走る。


沢底へ
h44.JPG

滝は左岸から巻いて
h45.JPG

やがて右岸のカラマツ林へ
h46.JPG


4時30分 デポ車(1340m)にゴ~ル
h47.JPG


GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
2020-04-16hiutisan.jpg



●日 時 2020年4月16日(木)  晴れ

●行 程 笹ヶ峰5:00~5:58黒沢橋6:10~夏道尾根7:10
     ~8:35黒沢岳鞍部8:50~高谷池ヒュッテ9:20
     ~10:35標高2330m10:45~11:15山頂11:45
     ~11:57標高2120m12:05~高谷池ヒュッテ12:27
     ~13:10黒沢岳13:31~黒沢湿原13:45
     ~15:15三田原山15:40~16:30ゴール

           (登高&滑走距離 20.4km)


この記事へのコメント

gankoya
2020年04月18日 14:48
欲張りましたね(笑)
武漢ウィルスなどどこ吹く風で、北信の景観は変わらずにステキですね♪

大景観の火打山+黒沢岳をつまみ食い+締めは涸沢をたっぷり。
3回楽しめるウナギのひつまぶしみたいですが、
これをやろうとする気力と、やってしまう体力が素晴らしい!!
レジェンド’sにはいつまでも追いつけないと、改めて実感しました。
ただし、ノーヘルのお姿は初公開ですね?(笑)

北信・頸城は大好きな山域ですが、今年は行けそうもありません。
写真を拝見して行った気になれます。
ありがとうございました♪
EVA父さん
2020年04月19日 11:11
gankoyaさんへ
今だに全身のあちこちで悲鳴をあげてる状態です。
ちょっと欲張り過ぎたようです。

山中でのスライド者は、単独ボーダーさんお一人。
   (高谷池ヒュッテ関係者四人)
この程度であれば3密に当たらず、許される範囲かと思っております。

お山で基礎体力をつけ、免疫力アップに努めようかなと。

コロナ、Never give up!

コメントいただきありがとうございました!
miyaken
2020年04月20日 08:26
おお、ホームようこそでした。
実は金曜日黒沢岳行ったらきれいなシュプールがあり
珍しいなあと思ってたら父さんでしたか!
しかし火打ち、黒沢、三田原ワンデイはさすが!です。
EVA父さん
2020年04月20日 16:41
miyaken
ご無沙汰しておりました。

翌日にヘタクソな落書きを見られちゃいましたか~、、、。
当初は金曜日予定だったのですが、西から天気が崩れ予報になったもので、一日前倒しに。
金曜日にすれば久々にお会いできたものを、残念でなりません。

黒沢岳と茶臼山の鞍部通過予定でしたが、今回が最初で最後になるかもしれず、黒沢岳へ寄った次第です。
やはりmiyakenさんが通うに相応しく、素晴らしいバーンでした。
でもその後の登り返しが、標高差350mを一時間半も掛かってしまいました。

三田原山の北西斜面のダケカンバ林、素晴らしいです。
登り返し中で息も絶え絶え、
      ゆっくりと眺める余裕もありませんでした。
来シーズン以降、杉ノ原スキー場の軌道力を利用しのんびりと味わいたいと思っております。

またいずれ、お会いできる日を楽しみに致しております。
コメントいただきありがとうございました!