ほん石転び沢(梅花皮岳)

2020年5月30日(土)

この時期恒例の飯豊詣、Oさんとほん石転び沢へ。

北股岳&梅花皮小屋
h1.JPG


午前3時15分 天狗平(430m)よりスタート
h2.JPG
我ら亀足隊、時間で距離と高度を稼ぐしか無し!


gankoyaさん号を確認、上手くスライドできると良いのだが、、、?


梅花皮沢沿いのヘつり道
h3.JPG
  小さなアップダウンが続き高度を稼げず。
   それがボデーブローとなり、後に効いてくるんですよね~。


梶川出合手前で雪渓に
h4.JPG

高巻きしなくておお助かり
h5.JPG

梶川出合
h6.JPG


5時45分、標高740m付近より雪渓繋がりだした。
6時05分 アプローチシューズをデポしシール登高へ
h7.JPG

6時23分 石転びの出合(860m)に 門内沢方面
h8.JPG

石転び沢へ進む
h10.JPG
雪面は綺麗。


7時28分 ほん石転び沢出合(1230m)で一本
h11.JPG

7時40分 これから先はクトーをつけて
h12.JPG

8時15分 北股沢出合(1470m)
h9.JPG

だんだん斜度がキツクなる。


8時45分 標高1585mよりブーツアイゼンに
h13.JPG
あと標高差265m、ガンバルンバ。


振り返る 正面奥に朝日連峰
h14.JPG


9時45分、梅花皮小屋(1850m)に。
北股岳(2024.9m)
h15.JPG

大日岳(2128m)
h16.JPG

10時00分 スキーを背負い梅花皮岳へ向かう
h17.JPG

梅花皮岳
h18.JPG
   山頂からは途切れているが、
     手前(真ん中)の雪渓からエントリーできそう。

10時43分、山頂(2000m)に。
父さん・Oさん
h19.JPG
(単独登山者にシャッターをお願いして)


左奥に飯豊山(2105.1m)
h20.JPG

10時45分、エントリーPへ向かう。


あそこから行けそう
h21.JPG

ブーツアイゼンで数メーターダウン
h22.JPG

10時55分、エントリーP(1990m)に。
朝日連峰の奥に鳥海山・月山が望まれる
h23.JPG


11時23分 デポ地まで標高差1200m余り
h24.JPG

     父さんGoGo!
h25.JPG
父さんは今シーズンのラストラン?


     OさんGoGo!
h26.JPG

h27.JPG
Oさんのシーズンはまだ続くのかな?



父さん
h28.JPG

h29.JPG

h30.JPG

振り返る
h44.JPG
浅い縦溝はあるものの、雪面は緩み滑走に支障なし。



Oさん
h31.JPG

h32.JPG

h33.JPG

まだまだ続く
h34.JPG

振り返る
h35.JPG
自己満足だが、至福のひと時。



11時40分、石転び沢と合流。


クールダウン
h36.JPG

11時50分 石転びの出合より振り返る
h37.JPG
 
11時55分、デポ地に。
12時23分 さぁ~今日の核心へ
h38.JPG

両腿に断続的に痙攣が、騙し騙し一歩一歩。


1時22分、「うまい水」で力水を。


癒しのブナ林
h40.JPG

2時32分 温水平より梅花皮岳
h41.JPG
こんなハードなスキーはもう卒業かも?、ありがとう


     あぁ~とうとうgankoyaさんとは、
            スライドできなかったな~


2時58分 ゴ~ル
h42.JPG



帰り支度してるとgankoyaさん登場
gankoyaさん・Oさん
h43.JPG
    我らに会う為、
     北股岳をスルーし大急ぎで下山して来たそうだ


GPS軌跡(赤=往路 青=帰路)
2020-05-30honisikobobi.jpg


●日 時 2020年5月30日(土) 晴れ

●行 程 天狗平3:15~温水平3:40~うまい水4:40
     ~5:45標高740m6:05~石転びの出合6:23
     ~7:28ほん石転び沢出合7:40~北股沢出合8:15
     ~8:35標高1585m8:45~9:45梅花皮小屋10:00
     ~10:43梅花皮岳10:45~10:55エントリーP11:23
     ~石転び沢と合流11:40~石転びの出合11:50
     ~11:55デポ地12:23~13:22うまい水13:35
     ~温水平14:32~14:58ゴ~ル

    (登高&滑走距離 18.92km)

この記事へのコメント

gankoya
2020年06月01日 17:47
最後の最後でしたがお会いできて良かったです!

毎年毎年スキー道具一式担ぎ、あの悪いへつり道を通って過激な滑降を続けておられた事、改めて感心致しました。
お二人は間違いなく年齢サギ師でしょう(笑)
来年はグレードを落として、門内沢にお連れいただければ嬉しいです♪

今季は2度ご一緒させていただき、さらに2度も遭遇する事ができました。
お二人にお会いする度に、実は、幸せな気分になっておりました。
ありがたや、ありがたや。
それでは、また来年! よろしくお願い致します。
2020年06月02日 07:14
ご無沙汰しております。
↑ のgankoyaさんのコメントにもありましたが、ほんとに、「年齢詐称」してませんか?(笑)
昨年今年と、いろんな大役を仰せつかって、手枷足枷。飯豊が遠のくばかりでしたが、「越後レジェンド」(!)の元気なお姿に、心が昂ぶりましたよ~。
どうぞお体大切になさってください。
EVA父さん
2020年06月02日 17:11
gankoyaさんへ
お疲れさまでした!

下山三日目ですが、いまだに身体のあちこちが悲鳴をあげてます。
毎年毎年、今回で最後かな?との思いで登ってるのですが、またまた次の年のこの時期になると、、、この繰り返しです。

Oさんとは今年で卒業にしようと話しておりましたが、
gankoyaさんからのお誘いを断る訳にもいかず、
困っな~、、、。
Oさ~ん、あと一年頑張りますかね!


EVA父さん
2020年06月02日 17:25
koizmiさんへ
お久しぶりです。

今年は高巻きせずに雪渓に上がられ、大助かりでした。
先輩と同じで、毎年苦しい思いをしながらでも『飯豊詣で』に行ってしまう、それだけ魅力のあるお山ですね。

白龍さんは、先輩の訪れを首を長~くして待ってますよ!