浅草岳(1585.5m)

2021年1月28日(木)

今日は数年ぶりの一人旅、
   比較的登りルート(尾根通し)の安全な浅草岳へ


午前7時10分 大自然館(490m)よりスタート(2番手で)
a1.JPG

数日来のトレースは明瞭に
a2.JPG
でも前日は雨、雨で緩んだ雪面も放射冷却でカチカチ凍結に。



7時50分 林道(670m)を離れ杉林へ
a3.JPG
ここで先行のお二人を追い抜く。


8時15分 標高790mでクトーをつける
a4.JPG
   なんとかシールで踏ん張ってきたがギブアップ!
          もっと早くにクトーをつけるべきだった。


標高910m付近
a5.JPG


振り返る 守門黒姫稜線は雲の中
a6.JPG

雪 庇
a7.JPG

標高1200m付近から上、薄化粧でお出迎え。



正面奥・嘉平与ボッチ
a8.JPG

10時02分 標高1280mで一本
a9.JPG

標高1300mから上、強い南風が当たり出す。


守門岳が顔を覗かせた
a10.JPG
後続のお二人は見えず。


雪の華
a11.JPG


嘉平与ボッチ(1484.7m)&前岳(1568m)
a27.JPG
 今日の核心、嘉平与ボッチは右腹を巻いて、
  薄化粧の下はカチカチ氷結、クトーを一歩一歩打ち込みながら。

ホッ!なんとかトラバースを。


前岳へ向かう
a14.JPG
 一段と強烈な風、雪面の氷が飛礫となって身体に叩きつける。
     乳白色の世界、踏み抜き等ストックで確認しながら進む。

嘉平与ボッチを振り返る
a15.JPG

11時22分 前岳より山頂
a16.JPG

鬼ヶ面山(1465.1m)方面
a17.JPG


11時39分 山頂に
a18.JPG

田子倉湖
a19.JPG


11時45分、写真を撮ったらサッサと戻りましょう、
             前岳迄はシールのままで。


12時14分、前岳からはシールを剥がし滑走へ。



さぁ~て問題のトラバース
a28.JPG

スキーで一気にとも考えたが、安全第一シール&クトーで。


12時24分、嘉平与ボッチ基部(西側 1470m)に。



12時35分 基部を後に
a22.JPG
アイスバーン、ガッガッガーとエッジ音を響かせながら慎重に。


北岳方面
a23.JPG


標高940m付近
a24.JPG


1時07分 ホッ!林道に
a25.JPG

気が緩んだせいか、トレースに足を取られ二度も転倒。


標高が下がっても雪は緩まず、全山カチコチのアイスバーンだった。


1時19分 とうちゃこ~
a26.JPG


途中で引き返えされたお二人が帰り支度中。
しばし談笑を、どうやらOさんのお知り合いの方々。
     
お声がけいただきありがとうございました!



●日 時 2021年1月28日(金)  曇り(標高1300m以上は強風)

●行 程 大自然館7:10~林道離れる7:50~標高790m8:15
     ~10:15標高1280m~前岳11:22~山頂11:45
     ~12:01前岳12:14~12:24ボッチ基部12:35
     ~林道合流13:07~13:19ゴ~ル



この記事へのコメント