八海山(入道岳)

2021年2月20日(土)

takeさん・岳さん・keraさんと八海山の最高峰『入道岳』へGO!


午前6時00分、広堀橋(380m)よりスタート。


 数日来の降雪でラッセルを覚悟してたが、
    すでに明瞭なトレースがあり、有難く使わせて貰う。

6時30分 林道を離れ支尾根へ
n1.JPG
スーパー戦隊3レンジャー、速い速い!


  今回の降雪でお山の選定が二転三転、
    阿寺山へ行くなら、その先への声で入道岳を目指すことに。

果たして亀足父さんが、山頂まで届くのやら?



7時53分、標高1000mの平坦地通過。


雪の華
n3.JPG

8時12分 標高1100m平坦地より八海山
n4.JPG

8時40分 標高1250m平坦地
n6.JPG


早くも降りて来たパーティーが
n7.JPG
久々にお会いする『十日町おだまき山の会』の皆さんだった。


ラッセルありがとうございました


9時10分 標高1400m台地に(takeさん・岳さん・keraさん) 
n8.JPG
ここでようやくひと息、ふっ~。



9時20分 シールのままで稜線を巻く
n9.JPG

素晴らしい!
n10.JPG


n48.JPG


大自然の中では人間の存在がなんと小さいことか
n11.JPG


越後駒ケ岳とオカメノゾキ
n12.JPG

中ノ岳
n13.JPG

神々しく輝く入道岳
n14.JPG

ヒドュンクラックに気をつけながら
n15.JPG


父さんまたまた遅れる
n49.jpg


10時20分、五龍岳手前でクトーをつける。



n17.JPG

五龍岳を過ぎ いよいよ核心へ
n18.JPG


n56.JPG


n20.JPG


11時43分 父さん山頂(1778m)に
n21.JPG

お待たせしてスマンの~
n22.JPG
keraさん・takeさん・岳さん


八ツ峰方面
n23.JPG


後続者2名、五龍までのようだ。



12時11分 山頂を後に
n24.JPG

   takeさん
n27.JPG

   keraさん
n28.JPG

   岳さん
n29.JPG

雪面は日差しを浴び、重たくなりターンの度に引っかかる。


振り返る ありがとさん!
n30.JPG


五龍で休んでおられたのは Yさん・Nさんだった
n31.JPG
2週間前には巻機山でもお会いした。


n32.JPG


12時28分、神生池付近よりシールにて。


n33.JPG 

Yさん・Nさんは、阿寺山で待っておられるHさんと合流するそうだ。


振り返る 素晴らしかったよ~
n50.JPG


我らは落とす予定のマゴタイ沢へ(正面・巻機山)
n34.JPG


1時38分、標高1460mにてハイクお終いに。



2時02分、マゴタイ沢へGoGo!

   岳さん 上部は疎林で素晴らしい
n36.JPG

  keraさん
n37.JPG

  takeさん
n38.JPG


2時20分 標高1030m あっちゃ~とんでもない方向の沢へ
n51.JPG
↓三国川ダム、どうやら阿寺沢へ降りたようだ


2時30分 ふたたびシールにて登り返しへ
n40.JPG

いやぁ~この登り返しは辛かった



3時55分、標高1370m登りルートに合流。



4時12分 ラストランへ
n42.JPG

そしてジャバミ沢へ
n44.JPG

沢から離れ支尾根の裾を巻いて
n45.JPG


4時45分、林道に合流。



4時51分 とうちゃこ~
n47.JPG


 いんやぁ~長い一日になったが、念願の入道岳も踏む事ができ、
   その上予定より標高差にして約430mも多く滑走ができ、
   良し良しの良子ちゃんだったとさ!


GPS軌跡(帰路のみ)
2021-2-20haxtukaisan.jpg



●日 時 2021年2月20日(土)  晴れ

●行 程 広堀橋6:00~9:10標高1400m台地9:20
     ~10:20五龍岳手前10:30~11:43山頂12:11
     ~12:28神生池12:41~13:38阿寺沢14:02
     ~14:20標高1030m14:30
     ~15:55標高1370m16:12~16:51ゴ~ル

     
     

この記事へのコメント

gankoya
2021年02月22日 11:25
お疲れさまでした!

スーパー戦隊3人衆を引き連れて、入道岳の山頂を踏めたんですね(驚!)

それだけでも大拍手なんですが、350mの登り返しはさぞや大変だった事と思います。
凄い気力でしたね!!
EVA父さん
2021年02月22日 16:29
gankoyaさんへ

『スーパー戦隊3人衆を引き連れて』ではなく、
引っ張り上げて貰い山頂を踏み、あの素晴らしい眺望を眺めることができました、3人衆には感謝感謝です。

『阿寺沢』、あれはきっと『もっと勉強せい』と、
 お山の神様が与えてくれた試練、もっとお山に通わねば!
それにしても登り返しがつろうございました!

3人衆のお一人keraさんに、また越後出張の業務命令をお願いいたします。

ありがとうございました!
Y
2021年02月22日 17:22
gankoyaさんから4スーパー戦隊3レンジャーは入道を目指すが、父さんは五龍までと聞いていました。
しかし、あの強風の中、何と父さんまで入道に向かっているのを見てビックリ。

そしてマゴタイ沢を下ると聞いて、我々も覗いてはみたもののアンモナイト多発のためジャバミ沢に転進。

下山してもマゴタイ沢にはシュプールがなかったので父さんたちも入らなかったものと思っていましたが、またまたビックリでした。
次のバッタリを楽しみにしています。
EVA父さん
2021年02月23日 14:41
Yさんへ
またまたお会いしましたね!

以前に登られた方々のレポを拝見すると、山頂まで5~6時間前後。
それらから推測すると、亀足父さんは7時間前後と思っておりました。
ところが当日、『十日町おだまき山の会』の皆さんがラッセルトレースを刻んでいただき、そしてご一緒した『スーパー戦隊3人衆』に先導して貰い、何とか山頂を踏むことができました。
またあれだけ雪煙が舞ってたのですが、我らが山頂近くなると風も弱くなに穏やかに、お山の神様からのご褒美かもしれません。

阿寺沢、お山の神からの飴と鞭でしょうかね~、、、?
まだまだ修行が足りないようで、もう少しお山に通うつもりです。

またお会いしましたら、叱咤激励よろしくお願いいたします。

ありがとうございました!
2021年02月23日 15:06
巻機に続き、お誘いいただきありがとうございました。
父さんはじめ皆さんのおかげで楽しい山行ができました。
それにしても登り返しはキツかったですね~
でもこれもまた良い経験です。次回もよろしくお願いします!
EVA父さん
2021年02月24日 10:03
岳さんへ
先日はお疲れさまでした。
いろいろお世話になり山頂を踏むことができました。

阿寺から八海山方面は初見参でしたが、
あの素晴らしい眺望を、
  気心の知れた皆さんと共有でき感謝感激でした。
これからも思い出のページを紡いで行きまひょい!

ありがとうございました!