鳥海山(中島台~北斜面周回)

2021年4月2日(金)

   この時期の定番『鳥海山・中島台口』へ、
              今シーズン3回目の一人旅GO!


前夕 中島台へ向かう車中より
t1.JPG


午前4時55分 中島台(460m)よりスタート
t2.JPG
残雪は10cm程度、今日のトップスタートのようだ。


帰りには途切れていた
t3.JPG

赤川の橋手前で途切れる
t4.JPG
   今日は足への負担を考慮し、
      一番軽い板に(一対でビインディング込み3kg)。

のちにこの選択が、、、。



癒しのブナ林
t6.JPG

雪面は放射冷却でカチカチ凍結。


落とす予定の北斜面
t7.JPG


素晴らしい!
t8.JPG
この景色を見たくて通うんですよね~。


8時30分 標高1440m付近で一本
t9.JPG
後続者に追い抜かれる。


振り返れば男鹿半島まで望まれる
t10.JPG


高度が上がるにつれカチコチ氷結
t11.JPG


9時30分 標高1690mよりクトーをつけて
t12.JPG

振り返る
t13.JPG


いよいよ千蛇谷へ
t14.JPG

t15.JPG

モンスター群。


t16.JPG


振り返る
t17.JPG


大物忌神社
t18.JPG

七高山(2229.2m)
t19.JPG

正面奥・月山(1984m)
t20.JPG


11時35分 新山(2236m)頂上に
t21.JPG


山頂で休んでると、先週『昼闇山』でお会いしたお方が!

t22.JPG
    山頂までの所要時間が、
       父さんより一時間も速く、羨ましいの~、、。


12時20分 山頂を後に
t23.JPG
ikamさんは往路沿いで戻られるそうだ。



父さんは北斜面へ
t24.JPG

   カチコチ氷結、まともなターンはさせてもらえず。
        横滑り&2ターンの繰り返しで高度を下げるのみ。


左側斜面へ
t25.JPG

山頂方面を振り返る
t40.JPG

t26.JPG
この斜面で標高1600m付近まで落とす予定だったが、
今日の板ではトップが弾き返され、バタバタとバイブレーションを。

早め早めの左トラバース滑走へ。


藪はスキーのままで
t27.JPG


ようやく雪面も緩み快適滑走に
t28.JPG


振り返る
t29.JPG
まだまだ修行が足りないようで、お勉強させられました!



12時55分、標高1150m付近で登りトレースと合流。



ふたたび振り返る
t30.JPG
ありがとう、また来るね~



腿に痙攣が起きそうなので休み休みしながら
t31.JPG


1時43分 赤川の橋
t32.JPG


残雪は来週末には溶けていそう?
t33.JPG


1時52分 とうちゃこ~
t34.JPG



氷結バーンに叩かれ 滑走面にヒビが入っちゃいました
t41.JPG



GPS軌跡
2021-4-2tyoukainakazimadai.jpg



●日 時 2021年4月2(金)  晴れ

●行 程 中島台4:55~橋5:10~8:30標高1440m8:45
     ~標高1690m9:30~11:35山頂12:20
     ~北斜面~12:55登りトレースと合流13:10
     ~橋13:43~13:52ゴ~ル
              (登高&滑走距離 21.33km)


この記事へのコメント

Ikam
2021年04月04日 07:35
まさか2週続けてお会い出来るとは思いませんでした。山頂でEVAさんの滑走コースを聞いた時、一瞬同行しようかと思いましたがルートを把握してなかったので断念しました。またお会い出来ることお楽しみにしています。(滑走面がひび割れとはスゴ)
Y
2021年04月04日 17:39
5年前初めて鳥越川ルートを登った時に、1800からの大斜面に2つの見事なシュプールを見て下山後それが前日の父さんたちのものと分かったことがありました。
今回も一日違い。

あわよくば北斜面を滑って周回を~をというプランも抱きながらの千蛇谷でしたが昨日の山頂はガスが晴れるどころか濃くなるばかり。
ホワイトアウトのなか往路を戻るのも一苦労でした。

帰りの車中、北斜面が呼んでいる~などと話していましたが、父さんのレポにも焚きつけられそうです。
EVA父さん
2021年04月05日 10:56
ikamさんへ
         
ヒビは固いバーンに叩かれてできたものか、
それとも経年劣化によるものか定かではありませんが、
スキー歴約半世紀(ゲレンデ含む)、こんな経験は初めてでした。


約一週間後にまたお会いするなんて、驚きました!
『二度ある事は三度ある』と言います。

三度目もありそうですね、楽しみに致しております。

ありがとうございました。

EVA父さん
2021年04月05日 11:14
Yさんへ

2016年4月、我らが最初に中島台ルートへ。
遠回りしてしまい間違ったトレースを刻んでしまい、その節は大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。

北斜面なかなか手ごわかったです。
北アの3000m峰でもあまり経験のない固さでした。
きっと日本海の潮風が山肌に叩きつけられるからでしょうかね。
あのモンスター群も頷けられます。

斜度がそれほどあるわけでないので、雪面が緩んだタイミングに合えば、ストレスのないクルージングが楽しめるものと思います。
機会があればもう一度トライしたいものですが、なんせ年々山頂が遠くなってしまいました、、、。

ありがとうございました。
K
2021年04月06日 08:36
2018.5.12に矢島口の七ツ釜で一緒に写真を撮らせてもらったK兄弟の弟の方です。その節はありがとうございました。単独でも北斜面とは流石、父さんの実力を感じます。BCでは仲間もいないため、いつも一人で撤退が得意な自分ですが、何時か中島台ルートで山頂を目指したいと考えています。これからもブログ楽しみにしています。
EVA父さん
2021年04月06日 13:16
Kさんへ

お久しぶりです。
確かS市にお住まいだったような、
 朝に夕に鳥海山を眺められるなんて羨ましい限りです。

私の場合はただ単に「滑りおバカ」。
少しでも高い所から長い距離を滑りたいので、
 山頂からと思っております。
年々亀足に、その分は時間で高度を稼いでいる次第です。

山スキーも十人十色、
 それぞれの楽しみ方があって良いのではないでしょうか。

いよいよ鳥海山シーズンの幕開け、
 またお会いできる日を楽しみに致しております。

ありがとうございました。