白馬岳(2,932.2m)

5月23日(金)、昨年来の宿題『白馬鑓ケ岳』滑降を果たすべく猿倉から登り始めたら、何故かいつの間にやら白馬岳・・・。単独にて山スキー。




                白馬三山(左より、白馬鑓ケ岳・杓子岳・白馬岳)と小蓮華山
画像
 (クリックで拡大)




                       此処(白馬鑓ケ岳)を滑る予定が・・・・
画像
 (クリックで拡大)




               前夜、「道の駅 白馬」にて車中泊。 午前6時00分、猿倉を出発。




                           白馬岳と代掻き馬
画像
 (クリックで拡大)




                        
   長走沢出合い(1,360m)、沢を渡ってから、なんとか林道の雪が繋がっていそうなのでシール登行へ。




                     白馬尻下で、ようやく先行者が一名見えた。
             白馬尻(1,560m)より赤ラインが引いてあるので、開山祭も近いようだ。




画像
 (クリックで拡大)




       8時05分、標高1,900mにて10分休憩                    白馬尻を振り返る
画像画像













        今年はデブリ・土砂等々も少なくフラットで、今までで一番快適な滑降が楽しめそう!
画像
 (クリックで拡大)




                 先行者が大雪渓上部をアイゼン・ピッケルで登り始めた
画像
 (クリックで拡大)




                     8時57分、葱平下(標高2,177m)に到着。 
              昨年(5/21)は山頂までシール(クトー無し)で登ったしなぁ~。
         さてどうする?でも雪も緩んでクトーも効きそうにないし、アイゼン・ピッケル登行へ。



            何時もここをを登っていると、何処からともなく聞こえて来る誘惑の囁き・・・
            『此処を滑って!滑って頂戴!!』、これで軟弱EVA父さん、今回もまた・・・・・




               早くもスキーヤーが降りて来た(前夜、白馬山荘泊まりだったそうだ)
画像
 (クリックで拡大)




        先行者は大分疲れているようで、10~20歩で息抜きを。先行者にだんだん近づいて来る。



                         大雪渓上部より振り返る
画像
 (クリックで拡大)




            10時05分、大雪渓を登り切った所(標高2,430m)で先行者が休んでいた。
   先行者「アレー、○○さんでは?」、EVA父さん「??・・」、EVA父さん近づく「おーHさん、こんな所で!」

       EVA父さんが何時もスキー・登山でアドバイス頂いている、●●スポーツのHさんでした。


                    なんと、山スキー・登山の世間が狭いことか!!



                   体調が芳しくなく、昼寝場所を思案中だったHさん
画像



              

    折角の機会、一緒にゆっくりと白馬山頂を目指すことに、小雪渓をシール登行で先行するHさん
画像
 (クリックで拡大)




              飯豊の疲れ?が抜けないせいか、EVA父さん一向にペース上がらず!
画像
(クリックで拡大)




                  11時13分、標高2,720m頂上宿舎前にて一休み
画像画像













                    左より、杓子岳(2,812m)と白馬鑓ケ岳(2,903.1m)
画像
 (クリックで拡大)




  18分休憩して上を目指す、白馬山荘が見えた    11時57分白馬山荘着、昨年より残雪が多いそうだ
画像画像













                   12時15分、山頂へHさん先行で最後の登り(シールにて)
画像
 (クリックで拡大)




               山頂手前の標高2,920mで雪が途切れ、スキーはデポして山頂へ。




                          12時38分、山頂に到着
画像画像













                            雷鳥もお出迎え
画像
 (以下、クリックで全て拡大)





                          小蓮華山(2,768.9m)方面
画像
 


                               

                       遠くに、鹿島槍ケ岳の双耳峰が見える
画像
 




                           剣岳(2,999m)遠望
画像





                         旭岳(2,867m)と遠く毛勝三山
画像





                           雪倉岳(2,610.9m)方面
画像





           12時50分、白馬山荘にて昼食を摂る事に。山荘まで標高差80mのミニ滑降へ。




                               Hさん
画像




画像





                              EVA父さん
画像




画像





              白馬山荘前のベンチで眺望を楽しみながら、ゆっくりと昼食タイム。


              1時52分お互いの滑りを撮りながら、標高差1,500mの滑降へ!!




                         Hさん(白馬山荘~頂上宿舎間)
画像




画像





                         EVA父さん(頂上宿舎前~小雪渓へ)
画像




画像

   

                                            
                           杓子岳・白馬鑓へ向かって
画像
 (クリックで拡大)




                                 Hさん
画像




画像




                         Hさん(杓子岳・天狗菱をバックに)
画像




画像





                         EVA父さん(小雪渓~大雪渓へ)
画像




画像





                           EVA父さん(大雪渓上部)
画像




画像





            標高2,000m位までは実に快適で素晴らしかったが、その下には魔物?が・・・・




             3時15分、長走沢にてスキーを洗う 登る時には無かった橋が掛かっていた
画像





                   3時30分、スキーを背負い新緑を愛でながら猿倉へ。
              4時05分、猿倉に到着。 「おびなたの湯」(500円)にて汗を流し家路へ。


         Hさん体調が芳しくないにも拘わらず、山頂までご一緒頂きありがとうございました。
             体調悪くても滑降は流石プロ、今後とも良きアドバイスお願い致します。


                     ★Hさん撮影の写真も使用させて頂きました。




                              GPS往復軌跡
画像
 (クリックで拡大




●日  時 2008年5月23日(金)   晴れ
●メンバー Hさん(標高2,430mでバッタリで同行することに)  EVA父さん
●行  程 猿倉6:00~6:25長走沢6:30~7:25白馬尻~8:05標高1,900m8:15~
    8:57標高2,177m9:10~10:05標高2,430m10:18~11:13標高2,720m11:31~
        11:57白馬山荘12:15~12:38山頂12:50~13:07白馬山荘13:52~
         15:15長走沢15:30~16:05猿倉             (歩行・滑降距離 13.5km)




                           ★お土産二題


                             フキノトウ
画像




                        こんなお土産まで貰ちゃいました!
画像




画像画像










                    標高2,000m以下、デブリに巻き込まれた小石(魔物)が!!







"白馬岳(2,932.2m)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント