平蔵谷(へいぞうたん・剱岳)

6月15日(月)、映画「劔岳 点の記」、我ら「勝手に応援隊」公開記念山スキー二日目




                            剱岳(2,999.0m)
画像
 (以下、クリックで全て拡大)




              「天は我らを見放さなかった」 ん?何処かで聞いたような台詞

                      昨夕は数メーター先も見えないガスと風

              一体どうなるやら?と心配してたが、剱様は微笑んでくれたようです。



                         日の出(剱御前小屋・八号室より)
画像





                        染まる剱岳(剱御前小屋・八号室より)
画像




                         午前5時20分 剱御前小屋を後に
画像
                             隊員:EVA父さん



                    平蔵谷出合い迄、標高差660mの剱沢滑降へ。



                       朝の冷え込みで雪面はバリバリ状態
画像
                             隊長:ミンゴ先生




                米粒のようなミンゴ先生  どデカイスケールじゃの~
画像




                   5時35分、標高2,100m平蔵谷出合いに到着。



                       6時00分 此処からアイゼン登行へ
画像





                  平蔵谷 平蔵のコルまで標高差700m余りの直登
画像





画像画像























          朝一のバリバリ滑降で 脚にきてる父さん (後方・後立山連峰の山々)
画像





                     7時06分 標高2,460mにて一本入れる
画像





          剱山頂~平蔵谷へのダイレクトルンゼ(大脱走ルンゼ) 父さんもいつかは・・・
画像





                            源次郎尾根
画像





                      先行するミンゴ先生 最後の急登へ
画像




                    8時44分、平蔵のコル(2,830m)に到着



                          前剱(2,813m)方面
画像





                           日本海側は雲海
画像




               ん!突然怒鳴り声が・・・ 「何やってんだー」「遅い遅い」

                          声はすれど姿は見えず

                                 ・
                                 ・

                     見えた見えた! アイザイレンの登山者二名
画像





        この後もアイザイレンした二名・三名のパーティーが「カニのタテバイ」を登って行った
画像



                  剱沢に二張りのテントがあったので、新人訓練かな?




                        流石に隊長 平ゾーの文字を
画像



            おんや~よ~く見ると「平ヅー」に、二人共急登で思考力が低下して・・・




                       9時24分、お楽しみ滑降へGO
画像




画像




画像




画像





                           素ん晴らしいで~す
画像




画像




                          9時42分、剱沢と出合う。

  標高差730m、登り2時間40分 降り写真・動画を撮りながら至福の18分間、止められまへんの~


             縦溝・デブリ・クラック・岩雪崩等々もなく おいしゅうございました
画像
                    (写真=09年6月8日 針ノ木岳山頂より撮影)



                         10時18分 さぁ~試練です 

 
               剱御前小屋まで標高差660m登り返し 室堂までの長丁場
画像





画像





               旧・剱沢小屋の廃材をヘリで "も~し父さんも乗せてって~"
画像





                標高2,650mから振り返る 素晴らしかったよ またね~
画像




                 12時55分、剱御前小屋に到着、まさに辿りついた感じ

                         デポ品を整理しながらの大休止。


             1時40分 剱御前小屋を後に、雪の繋がってる標高2,710m附近へ移動。



                    1時45分 二日間のラストラン 雷鳥沢へGO
画像




画像





                        キャンプ場まで標高差約500m
画像




画像





                              雷鳥沢
画像



              下部は細かい縦溝だらけ、けっして美味しいというわけには・・・



                        またまた室堂までの試練が



                 2時20分 キャンプ場管理棟脇からスキーを背負い雷鳥荘へ。



                 雷鳥荘から石畳の遊歩道を~みくりが池温泉~室堂へ。



                         雷鳥さんも お見送り
画像





                            室堂ターミナル
画像




                        3時21分、ターミナルにゴール

            ラスト一時間(石畳40分)の歩きが、二日間で一番辛ろ~ございました。


        バス・ケーブルカーを乗り継ぎ、そして「ゆ~ランド吉峰」へ移動して二日間の汗を流す。


                   午後6時過ぎミンゴ先生とお別れ、それぞれの家路へ。


          なかなかハードな二日間でしたが、それに見合うだけの滑りを楽しむことが出来た。
                     来シーズンは長次郎谷、そしてその次は・・・

                   でしょうかね?ミンゴ先生! ありがとうございました


                   ★ミンゴ先生撮影の写真・動画も使用させて貰いました。



                             動画はこちら



                              GPS軌跡
画像
 (クリックで拡大)                 赤=往路  青=復路




                             二日間の軌跡
画像
 (クリックで拡大)                 紫=14日  緑=15日




●日  時 2009年6月15日(月)   晴のち曇

●行  程 剱御前小屋5:20~5:35平蔵谷出合い6:00~7:06標高2,460m7:20~8:44平蔵のコル

       9:24~9:42剱沢出合い10:18~12:55剱御前小屋13:40~キャンプ管理棟14:20~

       14:40雷鳥荘~15:05みくりが池温泉~15:21室堂    (歩行・滑降距離 11.44km)




                      「勝手に応援隊」ここでチョイト宣伝を


         原作・新田次郎 映画「劔岳 点の記」 いよいよ今週末の20日(土)ロードショー
画像
 (以下、クリックで拡大)



                        ひたむきに歩め、前人未踏の頂きへ。



画像




画像




画像




            こんな時代だからこそ、挑むべき「真実の物語」 「本物の映画」がある。



画像




                             観てね~
 


 

"平蔵谷(へいぞうたん・剱岳)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント