焼山(北面台地)

3月20日(土)、もう一つ四年越しのお山「焼山」へ。




                  標高1,260m北面台地にて 三度目のご対面
画像





     過去二回トライしたものの、いずれも外輪稜線(標高約2,330m)まで。
                   山スキーは滑りが主体なので、山頂は問わないものの、やはりの~・・・。


                        と、言うことで急遽出撃に


            午前5時過ぎ、まだ暗い笹倉温泉に到着、ヘッデンを点けて仕度を。



                  5時30分 シール歩行スタート(ヘッデンは点けず)
画像




         冷え込みでスキーは沈まず歩き易く、薄いながらも先行者のトレースが確認できる。
                       林道を適当にカットして進む。



              林道を見る限りでは 過去二回よりは一番積雪が多いようだ
画像




       アマナ平前後は地形が複雑、ときどき見失うものの薄いながらもトレースは大助かり



                       鉾ガ岳・権現岳方面
画像





                          阿弥陀山方面
画像





                           焼山が見えた
画像




                  7時40分アマナ平、いよいよ北面台地へ向かう。



                          アマナ平を振り返る
画像




                8時25分、標高1,260mの北面台地にて大休止(25分)
              (歩き始めて約三時間、飲まず食わずでチョイト疲れたの



でもそこには素晴らしい眺めが 焼山(2,400.3m)
画像





                            ズームにて
画像





                         火打山方面(2,461.8m)
画像




   一~二日前に降雪があったようで、この辺りまで来たら気温も上がり、一歩一歩が沈み歩き辛い

          先行者がようやく見えた、二人パーティーと単独者、すでに1,700m附近を。
              単独者は父さんと相前後してスタートしたお方、速いの~



                     でも足を運んでれば段々と近づいて
画像





                            ダケカンバ
画像




              標高1,700mを過ぎると、風がかなり強く当たり出して来た



画像





                          先行者がハッキリと
画像





 10時33分、標高1,880m斜度もキツクなりクトー(スキーアイゼン)を、あれ~・・・クトーが無~い
        まぁ~しょうがないか~、どうせもう少し上へ行けばアイゼンに履きかえるのだし。


                    スキーをザックに括り アイゼンを履く
画像





         仕度をしてると単独者が標高2,000m附近からドロップ(今日のトップランナー)
画像





        10時53分 さぁ~上を目指して
画像





                           振り返る
画像




                   背中のスキーが風で煽られる、耐風姿勢に。



                 登るルートをセンターから左側へ取ると 膝まで沈む
画像




                            少し右灌木側へ・・・・。


                                 



      足元がす~っと抜けちゃいました
画像




          雪に隠れていた、スノーホールに腰上まで埋まってしまった。
                   幸いにも着地は雪下の太めの木に、木の下にはまだホールが・・・


               ここは冷静に まずは状況を把握して取りあえずザックを
画像




                         11時35分、標高2,040m。

        ハイクアップ予定は午後1時まで、まだまだ十分余裕が、此処で二~三拍位おく事に。


     囁きが・・・・
              「この上へ登っても、滑りは楽しめないから、もういいんじゃ~ないの」
              「早くドロップした方が、雪質が好いよ~」
              「また嵌まってしまうよ」

              「此処まで折角ガンバッテ来たんだから・・・」
              「あと山頂まで、1キロも無いよ」
              「こんな風、大したこと無いよ」
              「また、いつ来れるか?」

 
                               ・
                                
                               ・

                               ・


            後続 の方が追い抜いて行った 「午後1時まで登りま~す」と言って
画像





    撤退へ 楽しみは先延ばしに
画像




                       この判断が、後で・・・・



      12時05分 気持を切りかえドロップへ 楽しみましょう
画像





                    お次は こちらのキャンパスにお絵描き
画像





                             GoGo
画像




画像





              12時12分 標高1,680m ダケカンバの下でオニギリタイム
画像





                      12時40分 お絵描きのつづきを
画像




         (父さんを追い越して行った方のパートナーが、標高1,600m附近で待機中)



画像




           12時55分、朝一本入れた標高1,260m附近にて、単独者が日向ぼっこ中。
  
              「○町のエヴァさんでは?」  「えっ!?・・・・」
              「木の芽沢です」        「え~まさかこんな所で、失礼しました」

                            しばし談笑を。

           木の芽沢さんには、やはり昨年2月22日守門大岳にて声を掛けて頂いた。

          今日は「空沢山」を目指したが、沢が雪で埋まってなく断念して戻って来たそうだ。

     もし、あのまま山頂へ向かっていたら・・・・。「お山」も、なかなか粋な計らいをするもんじゃ


                      1時17分 父さんが先行して下る
画像
                     (木の芽沢さんにシャッターをお願いして)




              1時22分 アマナ平より振り返る また来るね~ありがとう!
画像





                      1時53分 笹倉温泉が見えた
画像





                       2時08分 笹倉温泉にゴール
画像




     またまた山頂は踏めなかったものの、ほぼノートラック状態の北面台地も滑れたし、
                    久々の再会もできたし、いやぁ~じつに満足な好い日だった



                            GPS軌跡
画像
                   (クリックで拡大  赤=往路  青=帰路




●日  時 2010年3月20日(土)    晴

●行  程 笹倉温泉5:30~8:25標高1,260m8:45~10:33標高1,880m10:53~11:35標高2,040m

        12:05~12:12標高1,680m12:40~12:55標高1,260m13:17~14:08笹倉温泉

                                             (歩行・滑降距離 17.24km)

        

"焼山(北面台地)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント