白馬鑓温泉

5月16日(日) 今日は、まったり山スキーで鑓温泉へ




                    標高2770m附近稜線より 剱岳
画像




        午前3半起床、ガッツリ系『白馬鑓中央ルンゼ』トライのミンゴ先生をお見送り

              今日はアベル父さんと「あえて山頂は踏まず」まったり系で。



                    5時15分 猿倉を後にシール歩行スタート
画像





                 白馬二号雪渓 まだかなり雪庇が張り出している
画像





               猿倉台地より小日向ノコルへ 先行する4人パーティー
                     (このパーティーとは、稜線まで追い越し追い越され、、)
画像
 

          後日、4人パーティのお一人 ほっしーさんからコメントを頂きました
               

     一人の男性はピック付きダブルストックを、女性は片方ピック付きストックを、もうお二方は?
           
        これを見て父さんが女性に
            「ピック付きストックですか」
            「相当修羅場を踏んでますねー」  「いえいえそんな事ありませんよー」     



                            ダケカンバ
画像




                 7時12分、小日向ノコル(1830m)にて一本(16分)


   先行してた4人のお一人より声を掛けられる
         「エヴァ父さんですか?」                   「はい、そうです」
         「火打山、我々も同じ時刻に・・・」
         「十二曲りを行かれましたよね、我々は黒沢を・・」    「今日はどちらへ?」
         「鑓の山頂を踏んで杓子沢を」                「それは大変ですね」
                                           「我々は温泉でまったりです」
                                           「では気をつけて下さい」



                        中央ルンゼを眺める
画像




                 杓子沢出合いまでシールで滑り下り 鑓温泉へ
画像




    今日は、『チームこば』の皆さん&『TOKIO軍団』の皆さんも鑓温泉へ。
                 そして昨年5月11日、白馬岳下山中の林道にてお声掛け頂いたヒデさん


                    残雪の鑓温泉、まさに山スキーの社交場。
                         賑やかになりそうでスノ~



                     8時40分 鑓温泉(ここで一本)
画像




          まったり系とは言え やはり滑りも楽しまなくちゃ~、という悲しい性で・・・



                      夏道沿いを大出原へ向かう
画像





                4人パーティーのお一人が体調不良のようで遅れ出す
画像





                          稜線が見えた
画像


        もしも~し、アベル父さ~ん今日はまったり系ですよ~。。。父さんも遅れ出す

               10時33分 大出原の標高2550m附近にて一本(20分)



                         遅れてる方を待つ3人
画像




               我々と同時刻に、その3人も遅れてる方を待たずに上へ


                           う~んどうして・・・

                              ・

                              ・


                 3人は稜線を鑓ヶ岳へ向かう。 ガンバッテね~


                     我々は稜線を 山頂と反対方向へ。



                 11時41分 標高2770m稜線に(後方・白馬鑓ヶ岳)
画像




                まったり系が、ちょいガッツリ系になっちゃいました



                        剱岳 いつ見ても素晴らしい!
画像





    12時03分 さぁ~楽しみましょう!大出原の大斜面をGoGo
画像





                          稜線を振り返る
画像





    標高2500m附近まで下りると チームこば&TOKIO軍団の面々が
画像
                   (ハイクアップ組と温泉組に分かれたようだ)




                            振り返る
画像





                     烏帽子岩方面へトラバース滑降して
画像





           一気に鑓温泉へ  チームこば&TOKIO軍団の本隊とご対面~
画像




           ミンゴ先生は、すでに我々を待っててくれた。 「中央ルンゼ滑降おめでとう」


                       ヒデさんとも一年ぶりの再会

                  ヒデさんとミンゴ先生は以前からのお知り合い。
         でもヒデさんは、父さんがミンゴ先生と時々ご一緒してるのを知らなかったようだ。



                         さぁ~まったりしましょ!
画像




                         1時35分 温泉を後に。



                           中央ルンゼ
画像




                   杓子沢出合いより小日向ノコルへ登り返し
画像




                         2時00分 小日向ノコルに。

             先行してた『チームこば』&『TOKIO軍団』の皆さんと、ちょっと談笑
                         また、ご一緒しましょうね~


体調不良で戻られた方も、3人の帰りを待って居た。
         「皆さん、いろんな所から来られてるのですねー」   「えぇ~。どちらからですか?」
         「新津です」                         「えっ~・・・、ほかの方も?」
         「新津と亀田です」                     「3人はどうされました?」
        「中央ルンゼを滑降して、こちらへ向かってます」   「あの女性も!それは凄いね~」
                                        「でもどうして分かるの?」
        「無線でやりとりしてますので」


                  (遅れてる方を待たずに・・・=これで納得)

                                                          
                     4人とも父さんと同じ新潟下越エリア。
        父さん苦雪40年でやっとこさ、若い方はいとも簡単にやるもんじゃの~
   
       


               小日向ノコルより 白馬鑓ヶ岳&鑓温泉 またね~
画像



                      3時21分、猿倉台地経由で猿倉に。

                   お二人とは此処でお別れ、それぞれの帰路へ。


       『のんびり&まったり山スキー』二日間の計画をたててくれた、アベル父さんに

            我々シニア隊を何時も「お山」でリードしてくれる、ミンゴ先生に

      そして一日だけでしたが恒さん・たかやさん、また機会があればご一緒お願い致します


                ★アベル父さん撮影の写真も使わせて貰いました



                             GPS軌跡
画像
                    (クリックで拡大  赤=往路  青=帰路)




●日  時 2010年5月16日(日)   晴

●行  程 猿倉5:15~7:08小日向ノコル7:28~8:40鑓温泉8:53~10:33標高2550m10:53

       ~11:41標高2770m稜線12:03~12:15鑓温泉13:35

       ~14:38小日向ノコル14:58~15:21猿倉      (歩行・滑降距離 14.69km)
    


"白馬鑓温泉" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント