火打山(惣兵エ落谷)

2011年4月17日(日)  この時季、恒例の火打山へ。今回初めて周回してみることに。



                      富士見平(2060m)より北アルプス
画像




                   午前6時55分 笹ヶ峰駐車場(1310m)を出発
画像




           駐車場手前で路駐の車が数台あるものの、駐車場は閑散としている。



                     雪壁を乗り越え 此処からシール歩行
画像




                        例年に比べ残雪豊富。



        ちなみに昨年の4月25日
画像




                        7時43分 黒沢(1570m)
画像




                     今日は黒沢を詰める予定だった。
         しかし少し割れてるし、昨日のシュプール跡は十二曲り方面からばかり



                  7時50分、クトーを着けて十二曲りへ向かう。

                      ガチガチ凍結、一歩一歩慎重に。



                     後立山の峰々が背を押してくれる
画像




画像




         苦登の時のクトー頼みなのに、歯が全然効かず、アイゼンに履きかえるか迷う。

                  クトーのままで、標高1790m支尾根に登り上がる。



               8時40分 標高1830mにて一本(10分) 高妻山&乙妻山
画像




             標高1900m附近のポコ、数メーターだけツボ足で左側を巻いて。



                         9時50分 黒沢岳鞍部
画像




                     黒沢岳トラバースはシールのままで。



                   トラバース道より 焼山&影火打&火打山
画像




                    10時20分 高谷池ヒュッテ(2100m)に
画像




                           管理人さんとお話。
       
                   今日、登って来たのはあなたが三人目です。
                   昨日オープンしたにしては、寂しいですねー。
                  黒沢・サクラ谷は、すでに少し割れてるようです。

                       等々、ありがとうございました



               10時30分 高谷池ヒュッテを後に 妙高山の頭が見える
画像




                   10時40分 早くも四名の方が滑降してる
画像




                       父さんと同じ惣兵エ落谷かな?



                       11時48分 山頂(2461.8m)に
画像




                焼山&北面台地  先日登った昼闇山&高松山も望まれる
画像




     先着してた単独スキーヤーより、声を掛けられる。
   
           「・・・父さんですか?」              「はいエヴァ父さんです」

           「ほっしー・はっしーの仲間のKです」     「こんにちは、初めまして」

                                      「今日はどちらから?」

           「笹倉温泉からで8時間掛かりました」     「それは大変でしたね」

                                      「お二人はどちらへ?」

           「唐松沢(dルンゼ)です」            「相変わらず凄いですね~」


             等々お話した後、Kさんが先行して笹倉温泉へ戻って行かれた。

                 (山頂スナップは、Kさんに押して頂いた



  12時17分 影火打鞍部方向へGoGo  滑降ルート
画像




                           火打山を振り返る
画像




                  南斜面で雪も緩み、気持の良いターンが続く。

              雪面表面のフィルムクラストが、シャワーで追いかけて来る。



                       天狗原山&金山が輝きはじめた
画像




                   先行した四名は、鍋倉谷へ向かったようだ。



画像




                        惣兵エ落谷が近づいて来た
画像




                   12時33分 標高1840mの谷底に(一本5分)
画像




                      標高1740m附近にデブリ二ヶ所
画像



画像




画像




                  12時48分 標高1480m附近 鍋倉谷と合流
画像




                   左側台地へ ツボ足で上がり振り返る
画像




                       気持の良い平坦地を漕いで
画像




              ルートはGPSに引いて来たものの 一部分かり辛い箇所も
画像




               でも、鍋倉谷を降りて来た四名のトレースに大助かり



              1時18分 標高1260m 妙高小谷林道に合流(一本15分)
画像




                        シールを着けてトコトコと
画像




              2時05分 あっりゃ~黒沢に架かる橋から除雪されている・・・
画像




                       スキーを背負いトコトコ
画像




                      2時20分、笹ヶ峰駐車場にゴ~ル



   初の周回であったが、ルート取りもそれほど難しく無く、天候に恵まれ充実した山スキー行だった。
            惣兵エ落谷、まだ一箇所も割れておらず、もうしばらく楽しめそうだ。



                             GPS軌跡
画像





●日  時 2011年4月17日(日)   晴れ

●行  程 笹ヶ峰6:55~7:43黒沢7:50~8:40標高1830m8:50~9:50黒沢鞍部

       ~10:20高谷池ヒュッテ10:30~11:48山頂12:17~12:33谷底12:38

       ~12:48鍋倉谷合流~13:18林道合流~14:05橋14:08~14:20笹ヶ峰

                                           (歩行・滑降距離 15.69km)



★遭難事故

  下山後、ニュースで知った。
  同じ日に同じ山で、スライドはしなかったものの、人ごととは思えず胸中複雑。

  ただただお亡くなりになったお方の、ご冥福をお祈り申し上げます。
  またお怪我をされたお方の、一日も早い快復をお祈り申し上げます。
  

                       
 

"火打山(惣兵エ落谷)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント